カテゴリー別アーカイブ: 芦屋の整骨院ブログ

神経が切れるとどうなる?

皆様こんにちは^^昨日は台風21号が直撃しましたが、皆様大丈夫でしたか?芦屋市も川が氾濫したり停電したところも多かったようで、被害も多数出ているようです(>_<)今後もお気をつけてお過ごしくださいね!!さて今回は、神経が切れるとどうなるのか?という事について紹介していきます!神経が切れるという事は普段あまり聞きなれませんが、例えば交通事故やコンタクトスポーツなどで神経が切れるといったことがあります。
神経が切れる場所によっては治るものと治らないものとあるので今回はそのことについて紹介していきますね!

神経系は中枢神経末梢神経に分けられます。
中枢神経は生体機能のコントロールセンサーで、脊髄で構成されます。
末梢神経末梢中枢をつなぐいわば電線です。
中枢神経と末梢神経については、前回紹介しました記事に詳しく書いてますのでこちらをご覧ください!
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

中枢神経と末梢神経について


<末梢神経の神経線維なら再生される>
脊髄が切れてしまった場合、自然に修復されることはなく、現在のところ、切れた脊髄をつなげる治療法はありません。
脊髄は、神経線維の束だけではなく、たくさんのニューロンの細胞体が集まったものなので、構造や役割が複雑で、縫ってつなげればよいというわけにはいかないのです
当然のことながらも同様です。脳卒中などで脳が傷つくとそこが元通りになることはありません。
一方末梢神経は、神経線維(軸索)が切れてしまっても、細胞体が生きていれば、なおかつ切れた部分が細胞体にあまり近くなければ、元通りに修復されます

(脊髄が断裂した場所によって感覚・運動の障害が残る)

<軸索が修復されるプロセス(有髄線維)>
切れた軸索は次のようなプロセスで修復されます。

細胞体がある方から切れて離れてしまった先の部分は変性し、白血球の仲間のマクロファージによって分解、処理されなくなってしまう。
細胞体がある方の断端も変性(逆行性変性)します。
細胞体が修復に必要な材料をさかんにつくり出し、切れた断端の方に送ります。
④切れて変性した部分の先から、新しい軸索になるための芽が出ます。これを側芽といいます。
⑤その一方で生き残ったシュワン細胞が盛んに分裂し、髄鞘の構造をつくり、もともと軸索があった場所に整然と並んでトンネルをつくります。
⑥発芽した側芽がシュワン細胞によるトンネルをガイドにして伸びていき、新しい神経線維ができます
このようにして神経は修復されていきます!
専門的な用語も多くて少し難しくなってしまいましたが以上が神経が切れた場合のメカニズムになります。
神経は場所によっては切れた神経が元に戻らない場合もあります。
また、切れた部分が元通りに修復できる部分もあるのでその場合は正しく治していきましょう。
また、当院には神経痛などの痛みで悩んでおられる方が来られています。
神経痛も原因をみつけ施術していくことで改善することができます!
神経痛などの痛みでお悩みの方は是非当院へお越し下さい!
ご予約お待ちしております!
JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

中枢神経と末梢神経について

皆様こんにちは^^8月も明日で終わり、もうすぐ9月ですね(^o^)丿芦屋市はまだ暑さが続きますが、あと少し乗り切っていきましょう\(^o^)/さて、今回は中枢神経と末梢神経について紹介していきますね!(^^)!
<脳と脊髄からなる中枢神経>
神経系の役割は生体のあらゆる機能を調整することです。
全身の内臓機能を調節し、運動を行ない、すべての感覚情報を集約し、感情や思考創造性をつかさどります。

神経系は中枢神経と末梢神経に分けられます。中枢神経は生体機能のコントロールセンターで、脊髄で構成されます。
脳は頭蓋骨の中にあり、脳脊髄液に浮かぶようにして大切に守られていて、大脳間脳中脳延髄小脳の各部に分けられます。
大脳は、左右の大脳半球で構成され、脳の最も高度な機能を担当しています。
間脳から延髄までの部分は、感情や情動記憶生命機能などをつかさどっています。
大脳の後方にある小脳には、運動機能を調整する働きがあります。
延髄の下に続き、脊柱管の中を通る脊髄は、末梢の間でやりとりする情報を中継したり、脊髄反射を起こします。
<脳神経と脊髄神経からなる末梢神経>
末梢神経は、末梢中枢をとをつなぐいわば電線です。
末梢神経には脳に出入する12対の脳神経と、脊髄に出入する31対の脊髄神経があります。
目に見えるひも状の神経はたくさんの神経線維の束で、そこには中枢から末梢へと指令を伝える遠心性線維と、末梢から感覚の情報を伝える求心性線維が混じっています。
末梢神経を働きによって分類すると、脳から運動の指令を伝える運動神経と末梢から感覚情報を伝える感覚線維からなる体性神経と、内臓の機能を調整する自律神経に分けられます。
以上が中枢神経と末梢神経について紹介しましたが、神経系はさまざまな指令を発する「中枢神経系」と、中枢からの指令を全身に送ったり、全身からの情報を中枢に送ったりする「末梢神経系」に分けられます。
姿勢が悪かったり、骨格の歪みが生じることで神経の働きが落ち、自律神経が乱れる場合があるので、骨格の歪み姿勢が悪い自律神経が乱れてしまっているという方は整体で身体のバランスを整えていきましょう!
ご連絡お待ちしております!
JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

交感神経が関係する痛み

皆様こんにちは^^最近は夏の甲子園があり、高校球児たちが激闘を繰り広げとても盛り上がりましたね(^o^)/あの暑くて過酷な中全力でプレーしている姿をみると元気がもらえますね!!^^芦屋市は今日も暑くなっておりますが今週も残り少し頑張っていきましょう(*^_^*)さて、今回は交感神経が関係する痛みについて紹介していきますね!!

<急性痛に対する交感神経の興奮>

急性痛が起きたとき、痛みの情報は自律神経の中枢にも届き、交感神経が興奮して緊急反応と呼ばれる症状が現れます。
緊急反応とは、血管の収縮心拍数や呼吸数の増加血圧上昇筋肉の緊張の亢進手や額の発汗などの症状のことです。

痛みに対して、交感神経が興奮するのは、痛みやその原因となる刺激が生体にとって危機ストレスであり、それに対して闘争または逃走するため体を準備する必要があるからです。

この痛みに対する交感神経の興奮は、痛みの悪循環慢性化にかかわっているといわれています。
<慢性痛と交感神経の関係>

慢性痛の中には、交感神経が興奮すると痛みが強くなったり交感神経ブロック治療によって痛みが軽減したりするタイプの痛みがあることが知られています。これを交感神経依存性疼痛といいます。

(交感神経ブロック治療で)

(効果あり)

(効果なし)

この痛みについては、まだ全貌が明らかになっているわけではありません。

損傷した神経線維を修復するプロセスで交感神経の興奮で痛みを感じるようになることがあります。

通常痛みの神経は、交感神経節後ニューロンが放出する神経伝達物質のノルアドレナリンに反応する受容体は持っていませんが、新しい軸索になるために出てくる側芽神経腫と呼ばれるものに、ノルアドレナリンに反応する受容体ができてしまうことがあります。

この現象は交感神経と痛覚線維のクロストークと呼ばれています。

(交感神経と痛覚線維のクロストーク)

痛みを伝えるニューロンの修復の過程で神経腫や細胞体に、交感神経節後ニューロンから放出されるノルアドレナリンの受容体(通常は持っていない)ができてしまいます。

その結果、交感神経の興奮を痛みの神経が受け取ってしまい、痛みが起こると考えられます。

以上が交感神経による痛みについて紹介しましたが、交感神経が働きすぎると痛みを強く感じたり、自律神経が乱れ疲れもとれにくい状態になってしまいます。

このような状態をつくらないためににも普段からストレッチ適度な運動を心がけていきましょう!
また、整体をすることで自律神経が整い身体も回復しやすくなるので、お困りの方は是非当院へお越し下さい!

ご連絡お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

 

痛みの悪循環と慢性化。

皆様こんばんは^^芦屋は明日から少し気温が下がり暑さがマシになるみたいです(^_^)気温の変化には注意してお過ごしくださいね(^o^)丿さて、今回は痛みの悪循環と慢性化について紹介していきますね!!

<痛みの悪循環に陥ると慢性化する>

痛みが激しかったり、治療がうまくいかないなどの問題があると、痛みの悪化慢性化を招く事があります。

痛みが生じるとまず交感神経が興奮し、血管の収縮呼吸数心拍数の増加血圧上昇などの緊急反応が起こり、痛みに身構えるようにして筋肉が緊張します。

すると血管の収縮筋肉の緊張によって局所の血流が低下し、組織が酸素不足になって発痛物質が放出され、痛みが生じます。痛みが生じると、また交感神経の興奮筋肉の緊張が起こり、血流低下によって発痛物質が放出されて痛みが生じるという悪循環に陥ってしまいます。

さらに痛みに伴うストレス不安などの心理的な要因が重なると、痛みが増幅されたり、長引くことになります。したがって痛みは、できるだけ早く的確に取り除く必要があるのです

<神経自体の変化が慢性化と過敏化をもたらす>

痛みが長引くと神経自体にも変化が起こります。神経には、刺激が繰り返し入力されるとそれを学習し、その刺激に対してより敏感に反応できるように変化するという特徴があります。このような変化を可塑化といいます。

この可塑化は痛みを伝える神経にも起こります。

痛みの刺激が繰り返し入力されてくると、痛みの感知とその伝達にかかわるニューロンに可塑化が起こり、痛みの刺激に対して過敏になります。

そして軽い刺激でも痛みが生じるようになり、痛みの慢性化を招いてしまいます。

<痛みの悪循環>

痛みが強かったり長引いたりすると、痛みの悪循環に陥って慢性化することがあります。

できるだけ早く悪循環を断ち切ることが大切です。

<痛みが続くと神経が可塑化する>

痛みの刺激をニューロンが感知し、脳に情報を送ります。

痛みの刺激が繰り返されたり、長く続きます。

ニューロンが可塑化し、刺激が敏感になり、少しの刺激で痛みを感じたり慢性化します。

以上が痛みの悪循環と慢性化について紹介しましたが、痛みをほうっておいて繰り返し痛みを感じる事で可塑化が起こり、痛みが取れにくく慢性化になってしまうため、出来るだけ早期に治療を受けましょう。

痛みには必ず原因があるのでその原因を取り除いて痛みを取り除いていきましょう!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院


LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

婦人科疾患による痛み。。

皆様こんばんは^^お盆休みはいかがお過ごしですか(^o^)?くろき鍼灸整骨院のお盆休みの日程は以下のようになります。

8月13日(月)一日営業

8月14日(火)一日営業

8月15日(水)一日営業

8月16日(木)休み

8月17日(金)休み

8月18日(土)休み

8月19日(日)休み

8月20日(月)~ 通常通りの営業になりますので、是非お身体のメンテナンスにお越し下さい(^o^)丿

さて、今回は婦人科疾患による痛みについて紹介していきますね!

<月経痛の程度は人それぞれ>

子宮や卵管などに関連する痛みで一般的なのは月経痛です。

多くの女性が月経痛を我慢しますが、しくしくと軽い痛みを感じる程度の人から、鎮痛薬が必要だったり、寝込んでしまうほどひどく痛む人もいます。

月経痛は、子宮が月経血を押し出そうとぎゅーっと収縮するために起こります。子宮が未熟などの理由で子宮口が狭いと月経血がうまく排出できず、子宮がさらに強く収縮するため痛みが強くなります。20代後半から30代になって子宮が十分に成熟すると、月経痛も軽くなります。

年々月経痛がひどくなる、鎮痛薬もほとんど効かず、学業や仕事に支障が出るといった場合は子宮内膜症の可能性があります。

子宮内膜症は、子宮内にあるべき内膜の組織が、卵管や子宮筋内などに入り込み、月経のたびに出血するものです。不妊と関係があるともいわれるので、痛みは我慢せず、医師の診察を受けることをお勧めします。

(子宮内膜症画像)

<婦人科系の急性腹症>

(卵巣茎捻転画像)

婦人科系の急性腹症には卵巣茎捻転子宮外妊娠卵管破裂があります。

卵巣茎捻転卵巣膿腫などで腫れた卵巣が重みなどによって回転し、卵巣を支える靭帯がねじれる病気です。突然頭痛が起こり、吐き気発熱を伴います。

(子宮外妊娠、卵管破裂画像)

子宮外妊娠卵管破裂は、受精卵が卵管内に着床してしまい、成長に耐えきれず卵管が破裂するものです。若い女性の急性腹症にはこのケースが少なくありません。

以上、婦人科系の疾患について紹介しましたがこれらの症状で気になる方は早めに病院で診てもらいましょう。

また、婦人科疾患で来られている患者さんも多数おられるので、お悩みの方は当院へご相談ください(^_^)/

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 

 

お腹の痛み!

皆さまこんにちは^^5月も中盤に差し掛かり、日もだいぶ長くなりましたね!(^^)!さて、今回はお腹の痛みの部位で病気が予測できるということについて紹介していこうと思います!!

<どこが痛むのかが重要>

腹部には多くの臓器があるので、腹痛があるときは、どの臓器のどんな病気かを正確に鑑別しなければなりません。

腹痛の場合、痛む場所や痛み方でどこが悪いのかをある程度推測することができます。特に重要なのは「場所」で、診断の際は腹部をおおよそ下にある2つめの画像のように区分して診察することです。

(腹部の解剖)

上腹部中央の辺りが痛む場合は、胃や食道のほか、心臓や大動脈すい臓の病気の可能性があります。

右上腹部の痛み胃・十二指腸、胆嚢、肝臓、腎臓の病気が、左上腹部の痛みすい臓腎臓の病気が疑われます。

へその周囲やおなか全体が痛い場合は、大腸炎のほか、腹部大動脈瘤腹膜炎腸閉塞など命にかかわる病気の可能性もあります。

右下腹部が痛むときは虫垂炎腸閉塞など、左下腹部が痛むときは大腸炎大腸がん潰瘍性大腸炎ひどい便秘など、下腹部中央が痛むときは膀胱炎などが疑われます。

(腹痛の部位と疑われる病気)

<時系列でどんな症状かを詳しく伝える>

したがって腹痛で病院に行くときは、お腹のどこが、いつから、どんな風に痛むかを、時系列にそって詳しく伝えることが大切です。

また腹痛に伴い、下痢、便秘、吐き気や嘔吐、発熱、食欲不振、呼吸困難、血尿などの症状がなかったか、暴飲暴食、ストレス、妊娠など、腹痛の原因となりうることはないかといった情報も重要です。

腹痛といっても胃腸の病気とは限らないので、おなか以外の異変も漏らさず伝えることが大切です。

また、こういった内臓の不調から同じ神経支配をしている筋肉に硬さが出る場合があります。そこから身体にゆがみができたり、身体のゆがみにより肩こり腰痛首の痛み頭痛ぎっくり腰など内臓の不調からさまざまな不調を招く可能性があります。

整体治療骨盤矯正で身体のゆがみを取り除き、正しい姿勢バランスにすることで内臓の不調も改善することができます。

慢性的な痛みの原因は内臓が原因の場合があるので、肩こり腰痛ぎっくり腰頭痛などでお悩みの方は是非一度当院へ来院下さい。

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

おなかの痛み②緊急性が高い腹痛

皆様こんにちは^^芦屋は暑い日が続きますが皆様体調はいかがですか?(^_^)この暑さに負けずに今週も頑張っていきましょう(^O^)/さて、今回は緊急性が高いお腹の痛みについて紹介していきます^^

<命にかかわる重篤な腹痛>

激しい腹痛があり、緊急手術が必要と考えられるような状態を急性腹症といいます。自分で歩けない、人と話ができないほどの腹痛に加え、嘔吐高熱意識障害などを伴うことがあります。下記のようなもののほか、婦人科系の卵巣茎捻転子宮外妊娠卵管破裂があります。

(急性腹症)

<主な病気と特徴>

急性腹症を起こす主な病気と特徴は以下の通りです。

●腹部大動脈瘤破裂

腹部を通る大動脈の壁が加齢によって劣化し、動脈の圧力に負けてぷくっと膨れるのが大動脈瘤で、それが破裂すると突然激しい腹痛が起きます。適切な処置をしないと死亡する可能性が高いです。

(大動脈瘤破裂画像)

●消化管穿孔

穿孔とは穴が開くこと。ストレスなどによる潰瘍、血管の閉塞で起こる腸壁の壊死外傷、ボタン電池などの腐食性のものを飲み込んだことなどが原因で、消化管の壁に穴が開く激しい腹痛が起こります。

痛みは肩の方に広がることもあります。消化管の中の細菌や消化液が腹腔に漏れ出し、ひどい炎症や感染症を起こします。

(消化管穿孔画像)

急性膵炎

多量の飲酒胆石などが原因で、膵臓が出す消化液が逆流し、膵臓自体を消化してしまう病気です。みぞおちから左上腹部背中などに激しい腹痛が起きます。

重症の場合、ほかの臓器にも障害が広がり、死亡することがあります。

(急性膵炎画像)

以上がおなかの痛み、緊急性が高い腹痛について紹介しましたが、こういった内臓の不調からも身体(骨格)がゆがんできたり、身体がゆがむことで肩こり腰痛股関節の痛み膝の痛みなどさまざまな症状を引き起こす原因にもなります。

普段の日常生活から栄養バランスのとれた食事適度な運動休養を心がけて生活していきましょう。

また、身体のゆがみを取り除く整体治療骨盤矯正など身体のバランスが整う事でも内臓の調子も変化していきます。このような内臓の不調身体のゆがみでお困りの方は是非当院へお越し下さい!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 

 

胸の痛みについて!

皆様こんにちは^^3月も後半に入り、もうすぐ新年度がスタートしますが疲労をため込まないように身体のメンテナンスもしっかりとしていきましょう(^O^)/さて、今回は胸の痛み(特に緊急性が高い胸痛)について紹介していきますね(^_^)v

<生命の危機が迫っているかもしれない>

突然の激しい胸痛は、命にかかわる重大な病気の症状であることが少なくありません。

特に緊急性が高いのは、心筋梗塞胸部大動脈解離食道静脈瘤破裂肺塞栓症などです。

胸痛とともに呼吸困難意識消失などを伴うときは救急車の要請が必要です。

<主な病気と特徴>

緊急性の高い胸痛には以下のようなものがあります。

  • 心筋梗塞

心筋に栄養を届ける冠動脈が詰まり、その先に血液が届かなくなって心筋が壊死します。

急に胸がしめ付けられるような痛みが生じ、胸の中央やみぞおちのほか顎や肩などに痛みが放散することがあります。呼吸困難なども伴います。

  • 胸部大動脈解離

胸部大動脈の壁の内膜に裂け目ができ、そこから中膜との間に血液が流れ込み、内膜が剥がれてしまいます。

突然の激しい胸痛や、肩甲骨周辺の痛みが生じます。高血圧が関係している場合があり、死亡率も高いです。

  • 食道静脈瘤破裂

繰り返される炎症で肝臓が硬く変性する肝硬変で、肝臓に入れない血液が食道静脈瘤に流れ、そこの圧力が高まってコブができ、このコブ破裂すると突然の激しい胸痛が起こり、吐血し、ショック状態になります。

  • 肺塞栓症

下肢などでできた血栓が肺動脈に詰まるものです。息苦しさ、息を吸うときの胸痛、ショックなどが起こります。エコノミー症候群はこの病気になります。

以上が緊急性の高い胸痛について紹介しましたが、これらの疾病を未然に防ぐためにも、規則正しい生活や栄養の摂れた食事、適度な運動を心がけていきましょう!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 
【ゴールデンウィークの予定】

4月30日(月)お昼1時まで営業

5月1日(火)通常通り営業

5月2日(水)通常通り営業

5月3日(木)休み

5月4日(金)休み

5月5日(土)休み

来週はいよいよゴールデンウィークですね(^^)v休みまであと少し頑張っていきましょう!!今回は見逃してはいけない胸痛について紹介していこうと思います。

(慢性的な胸痛も侮れない)

胸痛は、激痛ではなく、慢性的なものであっても、命にかかわるような病気による場合があります。肺がん肺炎狭心症帯状疱疹逆流性食道炎などのほか、心臓神経症などメンタルな問題で起こるものもあります。

<主な病気と特徴>

●肺がん

初期では無症状のことが多いですが、進行してくると呼吸困難などが現れ、さらにがんが胸膜に広がると胸痛が起こることがあります。

●狭心症

走ったときなどに胸の痛み圧迫感、肩などへの放散痛などを感じ、休むと15分以内に痛みが消えます。心臓に酸素などを送る冠状動脈が狭くなっているために起こります。多くは運動時の労作性狭心症ですが、安静時に起こりやすい異型狭心症もあります。

●帯状疱疹

過去に感染した水痘ウイルス神経節に潜んでいて、疲労ストレスなどで免疫機能が低下すると暴れだして皮膚に水泡をつくり、激しい痛みを起こします。この病気の痛みは入院する人もいるほど強いです。体の片側に水泡ができ、激しく痛みます。

●逆流性食道炎

胃液が食道に逆流し、食道に炎症を起こすもの。胸やけ胸痛吐き気げっぷなどの症状が出ます。

●心臓神経症

ズキズキするような胸痛、動悸息切れなどを感じます。

検査しても異常はなく、不安やうつなどの症状が現れることがあります。

以上が見逃してはいけない胸痛について紹介しましたが、少しでも異変を感じたら早めに診てもらうと安心ですね!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 

顎関節症について。。

皆様こんにちは^^2月も今日で終わり、明日から3月に入りますね(^O^)/最近の芦屋は少しずつ気温も暖かくなってきて春が待ち遠しいです!(^^)!さて、今回は睡眠不足やストレス、ホルモンの崩れによっても引き起こる顎関節症について紹介していきますね(^_^)v

<顎を動かすと痛む、音がする、口が開かない>

顎関節側頭骨の下顎窩下顎骨の下顎頭で構成される関節です。耳の穴の前を触り、口を開け閉めすると顎関節が動くのが分かります。下顎窩と下顎頭はがっちりとはまり込むのではなく、間に関節円板を挟んで接していて、前後左右にずれることができます。

(顎関節の構造)

顎関節に痛みが生じたり、口を開け閉めするときにカクン、カクンという音がする、口を大きく開けられないといった問題が起きたものを顎関節症といいます。顎を動かすと痛むのが特徴で、多くの場合、痛みは鈍痛です。

顎関節症は、側頭筋咬筋などの咀嚼筋の障害関節円盤の障害、関節を包み支える関節包や靭帯の障害などのタイプに分けられます。

<顎関節症の原因と治療>

顎関節症の原因には、顎関節の構造的な弱さ顎の外傷歯ぎしりや歯を食いしばる癖ほおづえや電話を肩と顎に挟む習慣爪を噛む癖片側だけでものを噛む癖ストレスなどがあり、これらがいくつも重なった結果発症すると考えられています。従来、歯の噛み合わせが悪いと顎関節症になるといわれていましたが、現在では関連は薄いとされています。

痛みに対しては咀嚼筋などの筋肉を治療したり、痛みがひどくなければ、無理のない範囲で関節を動かしたり、痛みがひどい時は鎮痛薬を投与して症状の改善を図ります。歯ぎしりを予防するためスプリントと呼ばれる装具をつけることもあります。

<口が開かなくなるしくみ>

関節円板が変形している。

口を開けようとすると関節円板が引っかかり、下顎頭が前に動くことができず、口が開かない。

<口を開けると音がするしくみ>

関節円板が少し変形して前方にずれている。

口を開けていくと、関節円板が引っかかる。

さらに口を開けていくと、引っかかりが急に外れ、カクンと音が出る。

以上が顎関節症について紹介しましたが、顎関節症の原因も様々あるのでその原因を取り除き、治療していく必要があります。

当院でも顎関節症で悩んでこられている患者さんが治療することで症状が改善しています。

このような顎関節症でお悩みの方は是非当院へご来院下さい!!

お電話お待ちしています!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 

 

JR芦屋駅すぐ!年末年始の営業予定

みなさまおはようございます。
今年ももお少しですね!
年末の大掃除や忘年会続きであなたのお身体は悲鳴をあげてないですか?2018年までに回復させていきましょう!
年末は30日(土)のお昼1時まで年始は5日(金)からの営業になります。年始は5日(金)からです。8日の祝日もお昼1時まで営業します。
施術のご相談やご予約は0797-69-6663までお電話ください!
《空き状況のご案内》12月29日(金)から12月30日(土)

★12月29日(金) 午前・午後ともににまだ少し空きありです
★12月30日(土)午前9時~午後1まで全体にまだ空きはあります

予約優先制ですのでお電話、またはホームページからのご予約お待ちしてます!
ぜひ、ホームページもご覧ください!!皆様のご来院、お待ちしております!!
https://kurokiseikotsu.com/

 

顔面の痛み(三叉神経痛)

皆様こんにちは^^12月になり芦屋は冬らしい寒さになってきています!寒くなってくると身体も縮こまり姿勢が崩れやすいですが、寒さに負けない身体作りをしていきましょう(^O^)/

今回は顔面の痛み三叉神経痛について紹介していこうと思います!

<顔に突然電撃のような痛みが走る>

顔の皮膚感覚を支配しているのは三叉神経で、顔に痛みが出るものを三叉神経痛といいます。三叉神経は、脳に出入りする末梢神経で12対ある脳神経のうちの第Ⅴ脳神経で、顔の感覚咀嚼筋の運動を担当しています。

三叉神経痛は、虫歯目の病気副鼻腔炎(蓄膿症)腫瘍顔の外傷帯状疱疹などの病気などでも生じますが、多くは原因となる病気がない突発性三叉神経痛です。一般に三叉神経痛という場合は、この突発性三叉神経痛を指しています。

三叉神経痛の痛みは鋭く激しい痛みで、電撃のような痛み刺すような痛みなどと表現されます。

数秒間痛み、その後痛みが全くない時間があり、また突然痛むということを繰り返します。痛みは、特定の場所に触ったり洗顔歯磨き髭剃り冷たい風に当たるなどの刺激によって誘発されることがあります。

突発性三叉神経痛は、三叉神経がその根元の所を走る血管に圧迫されることによって、起こります。圧迫されたところで神経を伝わる信号が漏れて混線を起こし、ただ触っただけなのにその刺激が痛みとして感じられてしまうのです

まず、痛みの原因を突き止め、痛みを起こす病気が判明した場合はその治療を行います。

突発性三叉神経痛の場合は鎮痛薬で痛みを抑えますが、効果が思わしくない場合は神経ブロック療法などの治療を行い、痛みの緩和を図ります。

(三叉神経と支配領域)

三叉神経は第Ⅴ脳神経で、顔の感覚と咀嚼筋の運動をつかさどり、3つの枝に分かれているのでこの名前が付いたそうです。3つの各枝が皮膚感覚を担当する顔面のエリアは上の写真の通りです。

三叉神経痛が起こると、反動で肩がこってきたり、痛みで睡眠が思うようにとれなかったりなど様々な不調をとりまく原因になってしまうので早めに治療していかなければなりません。

当院ではバイタルリアクトセラピーで頭蓋骨のゆがみを整え、骨格から神経の働きを調整する治療をしているのでお困りの方は是非当院へお越しください!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663