大腿骨頸部骨折について!

皆様こんにちは!!今週も1週間お疲れ様でした!寒さにも少しは慣れてきましたか?(^O^)
今回は大腿骨頚部骨折について紹介していこうと思います^^寒さで肩をすくめて縮こまって歩いていて転んでしまったり、路面が凍っていて思わず滑ってしまったりした時に不意に起こってしまうとっても大変な骨折です。

高齢者の骨粗鬆症の方で好発しやすい4つの骨折があります。

一つ目は、上腕骨外科頚骨折。

二つ目は、撓骨遠位端部骨折。

三つ目は、大腿骨頚部骨折。

四つ目は、脊椎椎体圧迫骨折。があります。

この中で最も癒合しにくい骨折であるのが、大腿骨頚部骨折になります。

大腿骨頚部骨折は関節包内の骨折であり、骨の修復が起こりにくいです。

骨折により栄養血管が損傷されると大腿骨頭壊死を引き起こします。

そのため、栄養血管がどれだけ温存されているかが重要で、ガーデンの分類パウエルの分類という2つの分類があります。

ガーデンの分類は骨折した部分の転位の仕方を表す分類で、パウエルの分類はX線上の骨折線の走行により分類されます。

ガーデンの分類で非転移型骨折には骨接合術が行われる場合が多く、転移型骨折には人工骨頭置換術が選択されます。

高齢者では廃用症候群を防ぐためにも早期離床が重要であり、早期から歩行が可能な人工骨頭置換術が選択される事が多いです。

また術後のリハビリ途中で股関節の外側部や内側部(鼠径部内側)に痛みが出る場合があります。

人工骨頭置換術後の痛みの原因となるのは股関節を人工関節に変えるときの手術で股関節周りの筋肉が侵襲されるため、その部分に痛みが出てきてしまいます。

術後に歩くリハビリをしていると、手術で侵襲された筋肉の部分に痛みが出てくる場合があります。

そこで痛みをかばったような歩き方をしたりすると股関節周囲の筋肉が上手く使えなくなり股関節周囲に痛みがでてきます。

痛みが引かないまま、かばった歩き方を続けていると、それが癖となりからだに歪みができ、痛みは引かないままになってしまいます。

そういった悪循環を起こさないためには、歩く時の正しい姿勢を心がけ、骨盤が後傾しないように正しいフォームで歩く事が重要になっていきます。

また侵襲された部分のケアをしていきながら筋肉の出力を出すためのトレーニングも必要になっていきます。

また、立ち上がり時に股関節内側(鼠径部内側)に痛みが出てくる場合があります。

これは股関節を安定させるための筋肉の出力が術後の侵襲により上手くできていない事に問題があげられます。

術後、筋肉の侵襲部位を把握した上でアプローチしていく事が重要になります。

立ち上がり時の股関節の痛みも股関節周囲の筋肉をアプローチすることで立ち上がり時の骨盤前傾による股関節前方への圧迫ストレスが軽減され、股関節の内側(鼠径部内側)の痛みが改善していきます。

こういった術後のお悩みの方はJR芦屋駅すぐの、くろき鍼灸整骨院でケアや指導をしていますので是非一度、来院下さいませ(*^^*)/
ご予約はこちらからどうぞ↓↓↓

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください