足底腱膜炎について!

皆さまこんにちは~!^^本日はお日柄も良く、そこまで寒くもないので行楽日和ですね!皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回は足底腱膜炎について3部に分けて紹介していきますね~^^1部:足底腱膜の構造と機能について2部:踵骨付着部の疼痛の発生機序3部:足底腱膜炎に対する治療法について紹介していきます。足底腱膜炎はランニングやジャンプ動作などを繰り返し行ったり仕事中ずっと立ちっぱなしで足をよく使う方などに過度の負担が加わり、足の裏に痛みが出てきます。今日はまず、足底腱膜の構造と機能について紹介していきます!足底腱膜は、ランニング時などに足に加わる荷重を吸収する強い縦走線維束からなっており、足底腱膜は踵骨隆起の主として内側突起から、第1~5指の基節骨に付着します。

踵骨付着部で約2mm、中足骨頭近傍で約1mmの厚さをもち、幅は踵骨付着部において約1cm程度で前方に向かうに連れて広がっていきます。足底腱膜は、荷重負荷に対して、足部アーチを保持する機能を持っており、立位時に足部に加わる荷重の1/2は踵部へ伝達されるため、踵骨付着部の足底腱膜は前足部より厚い構造をしていると考えられています。足の指を伸展すると、足底腱膜の前方部分は遠位側に滑走し足底腱膜の緊張が亢進することで、前足部の剛性が高まります。歩行の立脚終期で、前足部の剛性を高め、しっかりと床面を蹴り出す為には足底腱膜の緊張が不可欠になります。今回は足底腱膜の構造や機能について紹介していきましたが、次回はその足底腱膜炎の発生機序について詳しく紹介していこうと思います^^お楽しみにしていてくださいね!!
皆さまこんばんわ!(*^_^*)夜長の季節にぜひご一読くださいませ!今日は前回に引き続き足底腱膜炎の発生機序について説明していこうと思います^^足底腱膜の緊張が亢進した場合:足底腱膜は歩行や走行で繰り返される荷重負荷に対して、足部アーチを保持するために緊張します。特に前足部で蹴り出しを行う際には足底腱膜には強い牽引力が作用します。足底腱膜の踵骨付着部は、組織学的には、線維軟骨性付着部になります。線維軟骨性付着部は、靭帯・腱からの牽引力が強く生じる部位に存在し、付着部への牽引力の緩衝機能を持っています。歩行や走行によって、踵骨付着部に繰り返し強い牽引力が加わって、線維軟骨性付着部に損傷が生じることで踵骨付着部に痛みが出てきます。

また、さらにその痛みを放っておくと骨棘ができ、痛みがさらにきつく進行していく場合があります。こういった症状がきつくなる前に早期の治療が重要になっていきます!足の裏の痛みというのは日常生活にかなり支障をきたしてしまうため、そうならないためにも日頃のケアがとても重要になっていくと思います!次回は足底腱膜炎の治療法について説明していきますね^^
皆さまこんにちは^^今回は、足底腱膜炎の治療法について紹介していこうと思います!足底腱膜炎に対する治療法の目的は、足底腱膜に加わる牽引力の軽減と踵部に加わる荷重応力の集中を防ぐことが重要になっていきます。1)牽引力の軽減:足底腱膜に加わる牽引力を減少させるためには足底腱膜の柔軟性を高める必要があります!そこで、足底腱膜のストレッチが有効です!

このようにつま先をもち、つま先を上に曲げるように足の裏をストレッチしていきます!この時あまり無理はせずに20秒~30秒くらいにかけてゆっくりと伸ばしていくことがポイントです!また、歩行時に足底腱膜に加わる張力とアキレス腱に加わる張力は相関します。アキレス腱が固くなると、アキレス腱の付着部である踵骨隆起が上方に牽引され、足底腱膜の踵骨付着部は近位に移動するため、足底腱膜はより伸張されることになります。そのため、アキレス腱のストレッチも有効になっていきます。2)荷重応力の減少:踵部に加わる荷重応力の集中を防ぐためには、足底腱膜に適度な緊張をもたせる必要があります。足底腱膜は短指屈筋を覆う腱膜であり、短指屈筋起始するため、同筋の緊張が亢進すると、足底腱膜の緊張も亢進します。そのため、短指屈筋の筋力強化訓練が有効になります!このように、ストレッチや筋力トレーニングが足底腱膜炎には有効になりますが、そのほかにも足のアーチを出していくことや、正しい歩き方なども重要視されてくるので、正しい歩き方を身に着け自宅でできるストレッチや筋力トレーニングをして治していくことが必要になっていきます(*^。^*)!
ご予約お待ちしております!
JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください