腰の異常とエクササイズ!

皆様こんにちは^^今日の芦屋は春の暖かさが感じられとても心地よい天気でした(*^。^*)/週末にさしかかり新たなスタートを切られた方などは疲労も困憊してくるころではないでしょうか(^.^)?そこで今回は腰椎の異常、分離すべり症、変性すべり症、脊柱管狭窄症について紹介していきます!!

<分離すべり症>

腰椎分離症で分離した骨がズレると、分離すべり症に進行する危険があります。

分離すべり症まで進行してしまうと症状が治まりにくくなるので注意が必要になります。

分離すべり症になるしくみを画像を使って紹介していきます。

(正常な腰椎)①

頚椎から腰椎まで椎孔が上下に重なって細長い脊柱管を形成し、脊髄神経を通しています。

(腰椎分離症)②

椎間関節が圧迫されて腰椎にダメージが蓄積し、椎弓が骨折して分離します。

(分離すべり症)③

骨が分離した部分を残し、椎骨が前方へすべるようにズレて突出します。

腰椎とともに椎孔も前方へズレるため、その部分の脊柱管が狭くなって神経根が圧迫されます。腰に痛みやシビレが出たり、腰を反らせることができなくなったりするなど、腰椎分離症とほぼ同じ症状となるが、分離症より症状が治まりにくい傾向にあります。また分離症と同様に痛みが出ない人もいます。

分離すべり症になるしくみをまとめると腰椎分離症の進行症状。発症のしくみや改善法も分離症と同様になります。分離症からすべり症に進行する割合は、だいたい10~20%といわれています。

<変性すべり症>

すべり症には、骨が分離しない状態で発症する変性すべり症という症状もあります。

椎骨が前方にズレる変性すべり症は脊柱管狭窄症をともなうリスクもあります。

変性すべり症が発症するしくみを画像を使って紹介していきます。

(腰椎の椎孔が規則的に連なり脊柱管が形成されている)①

腰椎の椎孔が上下に連なることで、脊柱管のトンネルが形成され、ここを脊髄神経が通ります。

(変性すべり症を発症し脊柱管が狭くなる)②

ひとつの腰椎が前方にズレます。その影響で椎孔が上下に連なる脊柱管の一部が狭くなり、神経根や馬尾神経が圧迫されます。

変性すべり症が発症するしくみをまとめると、加齢で椎間板が潰れたり、椎間関節や靭帯がゆるんだりすることで発症します。第4腰椎が前方にズレて発症しやすいです。主に中高年層に発症します。

<脊柱管狭窄症>

脊柱管狭窄症は椎骨が変形し、椎孔が小さくなることで、脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経根や馬尾神経が圧迫されます。

脊柱管狭窄症が発症するしくみは、主に腰椎の椎間板が潰れて上下の椎骨がぶつかり、軟部組織が肥厚して発症します。変性すべり症で脊柱管が狭まる狭窄症もあります。

以上が腰椎の異常についての、分離すべり症、変性すべり症、脊柱管狭窄症について紹介しましたが、これらは普段の姿勢が崩れると起きやすくなるので、普段から正しい姿勢をキープするように心がけてみて下さい!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663
皆さまこんにちは^^今日の芦屋は晴天で、明日は今日よりも気温が上がるみたいですよ(*^。^*)/こんな天気のいい日は外で身体を動かしたくなりますね♪♪^^そこで今回は骨盤が前傾して過度に反った腰椎が圧迫されてしまう、反り腰について紹介していきますね!!

腰椎の自然なカーブが伸ばされると腰痛を招きますが、腰痛は逆に反りすぎても腰痛を発症します。骨盤が前傾することで腰椎が過度に反った状態となる反り腰は、女性に多い症例です。

反り腰の主な原因には骨盤を前傾した姿勢での作業が考えられます。

腹筋や太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)が弱いと、イスに座った姿勢で骨盤が前傾しやすくなります。骨盤が前傾すると腰椎が過度に反った状態となります。さらに、股関節の深部前面にある腸腰筋が硬くなると骨盤は前に引っ張られて、後傾しにくい状態となります。

続いて画像を使って説明していきます。

骨盤が正しい角度にあり腰椎に自然なカーブがある

(脊柱の土台である骨盤が正しい角度にあり、腰椎の自然な前彎カーブが維持されています)

骨盤が前傾したことで腰椎が過度に反る

(腸腰筋が硬くなるなどの影響によって骨盤が前傾すると、腰椎は過度に反った状態となります)

腰椎の椎間関節が圧迫され腰部の筋肉・組織が緊張する

(腰椎が過度に反ると、上下の腰椎を連結する椎間関節が圧迫され、関節組織にも負荷がかかります。腰部の筋肉も収縮した状態が続き、緊張して硬くなります。ほかにも上下の腰椎の棘突起がぶつかったり、関節組織を挟み込んだりして炎症を起こすケースもあります)

反り腰になるしくみをまとめると、骨盤が前傾した状態で腰椎が過度に反ると、椎間関節が圧迫されて、まわりの筋肉や関節組織も過度に収縮して緊張し、腰部の血行が悪くなります。さらに、骨盤の前傾によって腸腰筋がゆるんだまま柔軟性を失い、骨盤の後傾を妨げます。

以上が反り腰について紹介しましたが、反り腰の方は腸腰筋が硬くなって骨盤の前傾が強制されるため、腸腰筋や大腿直筋などのストレッチなどが有効になります!

そこで、反り腰の方にお勧めのストレッチ動画をご覧ください!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

皆様こんばんは(^O^) 今朝の芦屋は少し雪が風に舞っていました!三寒四温とはまさにこういうことだなー、と思いました♪季節の変わり目、体調管理には十分お気を付けくださいね。今回は腹圧と腰痛についての内容ですので、ご覧になってくださいね(^^)

腹部を支えるインナーマッスルは、主に4つあります。腹筋側の腹横筋、横隔膜、背側の多裂筋、骨盤にある骨盤底筋群です。これらは筋膜を介して連携して働いており、腹部の内臓をすっぽり覆って腹圧を保っています。

適度な腹圧は排尿、排便、女性の出産を助けていますが、日常でも姿勢を保つという重要な働きをしています。腹部のインナーマッスルが協調して収縮すると、コルセットを着けたときのように腹圧が高まり、コアを固めて姿勢を安定させるのです。コアのインナーマッスルで腹圧が高まると腰椎を伸ばそうとする力が働きます。

腰椎を伸ばそうとする力が弱すぎると、腹部が前に突き出て腰椎の前彎がきつくなりすぎるため、周辺の筋肉や筋膜に常にストレスが加わり外部からの衝撃にも弱くなります。そこで生じやすいのが「腰痛」です!

慢性的な腰痛で病院に行くと、湿布薬や痛み止め、コルセットなどを出してもらうことがあります。コルセットを着けていると腹圧が高まり、腰椎を伸ばそうとする力が働きます。この力が働くと、腰椎へかかるストレスを分散することができ、それによって腰痛の症状が軽減できるのです。

ただし、ずっとコルセットを使い続けるとそれに依存してしまい、インナーマッスルの働きが弱ってしまうため、症状の改善とともに、コルセットに頼らなくてもいいように体幹の筋力をつけていくようなエクササイズや骨盤矯正も必要であると考えています。

腰痛を引き起こしている原因は人それぞれですが、腹圧の弱い方が多いとは思います。自分の腰がどうして痛くなってしまったのか、という原因を突き止めて痛みを根本から改善していけるようにしていきましょう!!

℡0797-69-6663

JR芦屋駅すぐのくろき鍼灸整骨院
皆さまこんばんは!お昼間に見上げた空がとても澄み渡っていて、とってもさわやかな気持ちにさせてくれます。明日から3月が始まります。心身ともに晴れやかな日々を送れるようにしていきましょうね(*^_^*)

今回は腰痛の方や身体が硬くてストレッチ不足の方におすすめの動画です!是非一緒にやってみてくださいね!(^^)!

腰痛は大きく分けると2つのタイプに分類することができます。それは「骨盤が後傾」していることに起因する腰痛。もう一つは「骨盤が前傾」していることに起因する腰痛です。今回は前者の後傾タイプの腰痛に関する話をしていきたいと思います。

骨盤が後傾すると、腰を前方に曲げる前屈の動きがつらくなります。このタイプの腰痛は、椎間板に過度な圧力がかかり、椎間板付近を傷めてしまったり、腰椎ヘルニアに進行する可能性があります。

では、なぜ骨盤が後傾してしまうのでしょうか?特に多いのは猫背姿勢のように背中を丸めた姿勢です。例えば、イスの背もたれ寄りかかって座ってお尻が前に滑るような座り方をしていると、骨盤が後傾し背中が丸くなった姿勢になります。この状態だと腰が過度に伸ばされた状態になってしまいます。そうなると腰椎の動きに関わる筋肉や筋膜が緊張するため、腰部の血流が悪くなり硬くなります。さらに骨盤の下のほうから下腿に走る太ももの裏の筋肉が硬くなると、骨盤を引っ張り、骨盤が前傾するのを防ぎます。

骨盤の後傾姿勢が続くと、腰痛を招くだけでなく、下っ腹が出るような姿勢になるので、いわゆるぽっこりお腹のような状態になります。

今回の動画では後傾した骨盤を改善していくためのエクササイズをお伝えします。骨盤の動きや姿勢が良くなると、結果として腰痛がマシになったり、プロポーションが良くなり座り姿勢が楽になっていきます!

以前あげた腰痛体操と併せて実施していくと更に良いでしょう!この他にもたくさんのストレッチや体操、トレーニングがあります。色んな動きをいれることで、全身が連動して動きやすくなるので、皆様もぜひやってみてください!!

お電話お待ちしております!

TEL 0797-69-6663

JR芦屋駅すぐの、くろき鍼灸整骨院
皆さんこんにちは!(^^)! 先週までの寒さがウソのように、気候が穏やかな日となりました。今週も元気に過ごしましょうね♪今日は腰痛のある方には是非やって欲しいストレッチをお教えしますので観て下さいね(*^。^*)

突然ですが「腸腰筋」って聞いたことありますか?「大腰筋」と「腸骨筋」が合わさったもので、腰椎・骨盤~大腿部の付け根のあたりにある筋肉です。これは股関節を動かすインナーマッスルのひとつです。動きとしては、股関節の屈曲、つまり大腿部を前方に持ち上げる働きや、骨盤の前傾に関わります。この腸腰筋が正常に働く事で、骨盤が正しい位置で保てたり、脊椎にきれいなS字カーブを作ることができます。

長時間イスやソファーに座っていたり車の運転をしている姿勢や中腰の姿勢は、股関節をずっと屈曲させてる状態になります。その姿勢が続くと、腸腰筋が常に力が入っている状態で、縮んで固まってしまいます。実はこの腸腰筋の硬さが、腰痛と密接に関係するのです!このような生活スタイルの方は腸腰筋が固まっているかもしれませんので、今からご紹介するストレッチを取り入れてみてください!!

いかがでしたか?

このストレッチを行うことで腸腰筋の緊張感が取れ、腰のカーブが作りやすくなることで立ち姿勢が楽になるのです!ストレッチ中に痛みが出るような場合は無理してしないようにすることです。

日頃から同じ姿勢が続いている方や腰痛でお悩みの方はもちろんのこと、元気に過ごされてる方も是非一緒にこのストレッチに取り組んでいきましょう!!

JR芦屋駅からすぐ近く!!お電話お待ちしております。

くろき鍼灸整骨院

〒659-0092 芦屋市大原町2-5ヴィザヴィ芦屋2F

TEL:0797-69-6663
JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください