肘関節の痛み。姿勢と腕の関係について!

皆様こんばんは^^寒い日々が続きますが風邪などひかれてないですか?外は寒いですが中は暑いぐらいだったりするので洋服で調整しなきゃなりませんね!お身体ご自愛ください!今日は前回に引き続き野球肘について外側型、後方型について紹介していきますね!外側型は主に離断性骨軟骨炎が多く見られます。離断性骨軟骨炎とは肘の外側には腕撓関節という上腕骨(上腕骨小頭)と撓骨(撓骨小頭窩)からなる関節があります。

この部位(指で示している)で離断性骨軟骨炎が起こります。離断性骨軟骨炎は軟骨下骨の骨化障害のみで、軟骨表面に亀裂が見られない時期に安静にすれば、成長と共に骨化が回復して治っていきます。しかし、軟骨面に亀裂が生じたり軟骨下骨とともに分離したりすると手術をすることになります。また分離した軟骨が関節内に遊離体として存在すると、著名な関節可動域制限が生じ、肘が曲がらなくなる場合があります。遊離体が関節軟骨を傷つけると変形性肘関節症になります。保存療法、観血療法(手術)どちらも腕撓関節に加わる圧縮とせん断ストレスを最小限に抑えることが、重要になります。後方型は肘の裏側に痛みが出ます。

後方型は高校生や大学生など、筋力が発達してきたころに痛みが出てきます。リリース直後、肘関節が伸びた際に上腕骨と尺骨(腕尺関節)がぶつかり合う事で肘関節に痛みが出てきてしまうものです。また、上腕三頭筋が過剰に収縮することで骨が引っ張られ痛みを起こしてしまいます。この場合は上腕三頭筋の緊張が原因にもなるため上腕三頭筋のストレッチをしていく必要があります。以上が野球肘に関する事を紹介してきましたが、野球肘を無理して放っておくと痛みは次第にひどくなりパフォーマンスも下がり今後の選手生命にも関わる重大な事態を招く原因になるため無理をせずに治療していく事をお勧めします!!野球肘の治療もJR芦屋駅近くの、くろき鍼灸整骨院でしておりますのでお困りの方は、是非一度来院してみて下さい^^
こんにちは、芦屋のくろき鍼灸整骨院のスタッフの花岡です。
今日の台風16号すごい風でしたね!!傘が全く役に立ちませんでした。
雨で足元を濡らされた方も大勢おられると思いますので、風邪などこじらさないようにお気をつけくださいね!!
当院には「テニス肘」でお悩みの方が多数来院されております。その痛みの発生原因については後ほどお話しますが、軽度の痛みの方から、日常生活に支障をきたしている方まで、その症状は幅広く見受けられます。
なので今回は、その「テニス肘」についてお話したいと思います。
皆さんもどこかで「テニス肘」というのは聞いたことがあるかと思います。
この疾患名は通称で、正しい名称は「上腕骨外側上顆炎」といいます。
「テニス肘」という通称のためテニスをしている方に起きる疾患ように聞こえますが、実のところ、テニスをやっておられる方だけでなく、手を使う軽作業をなさる方や、パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。
これは肘の外側にある、骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症であると考えられています。
%e5%a4%96%e5%81%b4%e4%b8%8a%e9%a1%86
上の赤丸のあたりの骨が隆起している部分を上腕骨の外側上顆と言い、手首を背屈させるために働く筋肉群が付着しています。
症状ですが、30歳代~50歳代の人に多くみられ、物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みを感じます。手首や肩の方にまで痛みが放散することもあります。
また、テニスをするときにラケットをバックハンドでにぎってボールを打った瞬間に肘が痛くなったりします。初心者や中年以降のテニスをされる方に多くみられます。これが「テニス肘」と言われる由縁です。
多くの場合、安静時に痛みはないと言われています。
テニスや重いものを持つ動作など、比較的強い力が加わり発生しやすい外側上顆炎ですが、パソコン作業でも起こしてしまうんです。
それはなぜかと言うと、長時間のパソコン作業により、手首が知らないうちに「伸展位」つまり背屈した状態が続き、さらにキーボードを入力するときやマウス操作をする際に指を上下させていると、手関節が伸展位になってしまいます。その結果、外側上顆に負担がかかり痛みが出やすくなってしまうのです。避けられるのであれば、長時間の入力作業などはできるだけやめるようにしましょう!!
では、もし上記のように肘が痛くなってきたらどうすればいいか・・・
それは・・・
休息!!
つまり指や肘を極力動かさないようにしてやることです!
指や手首を動かさず使わなければ痛みを感じることは少ないのでまずは手を止めて休めてください。
また、冷やすべきか温めるべきかで迷うこともあるかと思います。たとえばテニスなどが原因で起こった急性の強い痛みに対しては冷やし、そうではなく慢性痛になっている場合は、周辺組織の緊張をほぐして血流を促すために温めると良いでしょう。
どうしても手を使わないといけない場合はサポーターで肘にかかる負担を減らしてあげることも有効です。
あとストレッチなどで緊張の強い前腕部を伸ばしてあげることも大切で、当院ではそういったストレッチ指導などのセルフケア指導も行っております。
個人差はありますが、安静にしてしっかり治療していけば3~4週間で治っていく場合がほとんどですので、同じような症状でお悩みの方は、まずはくろき鍼灸整骨院にご相談ください。
皆様が快適に生活していけるよう全力でサポートさせていただきます!!
皆様こんにちは(*^。^*)今週も残りあと少しになり、疲労もピークに達してくるころではないでしょうか?^^くろき鍼灸整骨院では今日、明日とまだまだ予約に空きがあるので身体の不調を感じられる方やメンテナンスをされたい方など、お電話お待ちしております!(^O^)そこで疲れてくると姿勢のバランスも崩れがちになりそれは上肢(肩関節、肘関節、手関節)に影響を与える場合もあります(><)今回はその姿勢と上肢の関係について紹介していきますね^^
上肢は、辞書的には肩口から先の腕の部分を意味します。ここでは腕を動かしている上肢帯(肩甲帯)も含めて紹介します。
上肢を構成している骨には、上肢帯と自由上肢帯があります。上肢帯には肩甲骨、自由上肢骨には、上腕骨、前腕の骨、手の骨があります。
上肢の主要な関節には、肩関節、肘関節、手関節があります。なかでも、姿勢に大きくかかわっているのは、肩関節です。

肩関節は、複数の関節から構成されています。それらは肩の動きにおいて密接に連携していることから、肩関節複合体と呼ばれています。肩関節複合体には、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、第2肩関節が含まれます。このうち肩甲胸郭関節は、筋肉による生理的な関節であり、第2肩関節は機能的な関節です。

肩関節のどこかにトラブルが起こると、肩こり、四十肩・五十肩といった痛みや障害につながります。さらに、猫背や円背といった不良姿勢とも関係します。また不良姿勢により、肩の障害も引き起こします。
肩の運動には、胸郭や脊柱の動きも加わっています。このほか、肘関節や手関節も姿勢の維持に関わっています。
こういった不良姿勢から起こる肩関節の痛みなど治療をすることで痛みや可動域などが改善していくのでそのような症状でお困りの方は是非一度JR芦屋駅近くの、くろき鍼灸整骨院に来院してみて下さい!
お電話お待ちしております!
JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院
TEL 0797-69-6663
LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください