首の痛みについてとその施術

なぜ首が痛くなるのか?

首の骨(頚椎)は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。頚椎の中央には、神経幹である脊髄がとおり、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく、肩の痛みや手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらには排尿障害まで起こすこともあります。こうした症状が起こるようになると治療に長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処することが望まれます。パソコンやスマホの普及もあって、首の痛みを訴える人が増えています。その最大の原因は、よくない姿勢を長時間続けることです。パソコン作業をしている人の多くが、背中を丸め、顔を少し前につき出すような姿勢をしています。この姿勢は、頚椎には不自然な状態です。特に、アゴをつき出すと、首が後ろに反り、頚椎や首の筋肉を緊張させます。長時間続けていると、首や肩の血液の流れが悪くなり、疲労物質の乳酸などが蓄積し、こりや痛みを引き起こします。ちなみ頭の位置が正常な位置から1cm前に行くと首の下部には3kgの重りをしょってるのと同じ負担がかかっていると言われます。パソコン作業にかぎらず、一般的なデスクワークや、テレビを観ているときなども、同様のことがいえるので注意が必要です。パソコンを長時間集中して使用している方や、携帯電話でメール、一日中ゲームをしている方の中には、頭痛やめまい、吐き気、絶えず疲労感を感じている方もいるでしょう。家庭の中で、誰も気付いてくれない慢性的な苦しみや痛みで日々悩む主婦の方も多いと思われます。このような、原因不明の体調不良は「不定愁訴」といわれ、その多くは自律神経失調の症状です。一般的にはストレスが原因とされていますが、頚部の関節、筋肉の硬さにも原因があります。首の筋肉の硬さは、頸椎の中心にある副交感神経の異常を招きます。 副交感神経は、内臓や血管、呼吸器などをコントロールする重要な神経のひとつです。 そのため、「首」が悪いと体の不調をもたらしてしまいます。「うつむき姿勢」になってしまう機会が多い現代人の生活習慣病ともいるのが、まさにこの首に原因があるのです。緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ、パニック障害、ムチウチ、更年期障害、慢性疲労症候群、 ドライアイ、多汗症、不眠症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、 血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス 、不定愁訴は、耳鼻科、眼科、消化器内科などさまざまな診療科目の症状が出るのが特徴。各専門医の元を訪れても、病院の検査では、異常が見つからない。結局は痛み止めなど、”その場しのぎ”の治療をされているのが現状です。薬をやめればすぐに再発したり、症状が一向に改善されません。なぜならば、副交感神経の異常をもたらす「首」の治療が行われていないからです。現代社会では頚筋性うつは、全うつの90%を超えているといわれます。心身ともにダメになる前に、まずは頚部の改善を試みてください。不定愁訴を根本から治す治療法が当院にはあります。

詳しい施術内容については整体整体くろき式根治運動療法のページをご覧ください。

首痛の予防と改善の第一歩としての体操

背筋を伸ばし(背中をいすの背につける)、頭の位置を後方にスライドさせ姿勢軸にのせる姿勢を心がけましょう。時々自分の姿勢を見直し、意識的に姿勢を整える習慣を身につけるといいです。また、長時間同じ姿勢を続けると、首の筋肉や頚椎に大きな負担となります。30分に一度は席を立ち、次のような運動をする事をオススメします。
(1) 首を左右にゆっくり倒す(5秒くらいずつ交互に5回)
(2) 顔を左右にゆっくり向ける(首の筋が少し張る位置まで向ける。5秒ずつ交互に5回)
(3) 肩を大きくゆっくり回す(前回しと後ろ回しを5回ずつ)
(4) 腕を壁につけて腕立てのように筋肉を使ってあげる(ゆっくりと10回3セット)
全部やっても3分程度なので、忙しいときにも合間をみつけてやりましょう。
からだを少し動かすだけで、血行がよくなり、疲労物質などがたまりにくくなります。これらの運動は首、肩、腕などをリラックスさせるためなので、力をいれず、ゆっくりやるのがコツです(急に強く動かすと、筋肉をいためることがあるので注意)。
ただし、首の痛みが強い場合には、いきなり運動をしないこと。受診して頂き、指導のもとで運動を始めてください。
Youtubeで動画をご覧になれます。
Youtubeで動画をご覧になれます。

首の痛みで来院された方のお声

【芦屋市在住 30代 女性】
朝起き上がると首を寝違えていて、痛みで全く動かなくなっていました。特に右には全然向けなくなっていました。首を触ると少し熱い感じがしました。
施術をしてもらうと、向けなかった右が7割ぐらい動くようになっていましたが、まだ炎症があるということで、自宅でのアイシングのやり方と無理に動かさないように指導していただきました。4回程続けて通院したおかげで痛みは10→3ぐらいになりました。つらかった首の痛みがマシになり感謝しています。
【西宮市在住 50代 女性】
連休中に車の運転中に後ろから車に追突される交通事故に遭いました。事故直後から首の痛みと吐き気に見舞われ、その晩から頭がガンガン痛みました。事故から3日後くろきさんに伺い施術してもらいました。痛みと不眠で精神的にも参っていましたが、丁寧な施術と心強い言葉がけのおかげでとても安心することができました。
最初はなかなか痛みが取れなかったですが、1か月が経つ頃には症状も落ち着き日常生活が楽になっていきました。3か月頃にはほぼ事故以前のような状態にまで回復していました。
交通事故に遭われた方や、むち打ちによる症状でお悩みの方には絶対にオススメの整骨院です。

頚椎症

産まれた頃から幼少期のケガや衝撃、交通事故等によるムチウチなどによってダメージを受けた首は数十年かけて椎間板の柔軟性が低下してくると頚椎そのものに強い力がかかって骨棘(こつきょく)ができたり、変形を起こしやすくなっていきます。その結果、頚椎から腕へとのびる神経が圧迫され、手や指のしびれ、感覚異常(感覚がない)、手が動きにくい、といった症状がみられます(神経根症状)。また、脊髄が圧迫されると、脊髄は全身につながる神経の中心なので、あちこちにさまざまな症状が起こります(脊髄症状)。典型的な症状として、手のしびれや麻痺(ボタンがかけにくい、字がきちんと書けない、はしが持ちにくいなど)、脚のしびれや麻痺(つまずきやすい、脚が動かしにくいなど)、排せつ障害(尿が出にくい、トイレが近い、便秘など)があります。

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板にはゼリー状の物質が詰まっていて、クッションの役割をしています。加齢などよって頚椎の椎間板自体が変形した場合にも、神経や脊髄を圧迫すると、頚椎症と同様の症状を起こします。
上記は、頚部捻挫や筋肉痛をのぞくと、首の障害で最も多くみられる症状です。放置していると悪化しやすく、痛みやしびれなども激しくなるので、早めに受診して頂きたいです。

脊柱の靱帯骨化症

脊柱(背骨)の骨どうしをつなぐ靱帯が厚くなり、骨化していく病気です。原因はまだ不明ですが、骨化によって脊髄が圧迫されると首の痛み、手足のしびれや麻痺など、頚椎症と同様の症状がみられます。血糖値が高い人に多くみられることから、糖尿病ともなんらかの関係があると推測されています。

その他の首痛

肺炎などを起こしたあと、細菌が頚椎に感染すると、首の痛みや発熱などの症状を起こすことがあります。この場合は、抗菌薬などで治療する必要があります。また、頚椎にできた腫瘍によって、神経や脊髄が圧迫された場合も、首の痛みなどの症状が起こります。首を動かさなくて痛みが続く場合には、早めに検査を受け、良性や悪性かを調べる必要があります。

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

頭痛(筋緊張性頭痛)についてお話していきます!
発熱時の頭痛や慢性的な片頭痛を除けば、頭痛のほとんどは頚部の筋肉や筋膜が緊張して起こる筋緊張性頭痛といえます。目の酷使による眼精疲労に起因するケースも多くあります。
頚部の筋や肩の筋などが緊張する原因としては不良姿勢であったりパソコンなどでの長時間のデスクワークなどで頚部や肩の筋肉を硬くさせ血行不良を起こして頭痛になってしまいます。

パソコン作業は目を酷使するとともに、文字を読むために頚部の位置を固定する意識がより強く働くため、首のコリや肩コリ、さらには眼精疲労を誘発させます。眼精疲労が起こると、こめかみや目の奥の辺りに痛みが出やすいです。これらのように筋緊張性頭痛は、血行不良で緊張した頚部や肩の筋肉が酸欠状態になったり、血管や神経を圧迫して発症します。また、食事の時などに片側で噛む癖があると片方の側頭筋が緊張して頭痛に繋がるケースもあります。このような不良姿勢による首や肩の緊張による頭痛は姿勢を正しく整えていく必要があります。
不良姿勢を正しく整える事により頭痛は改善していきます!その他にも姿勢を整えることによって身体の疲れ感であったり、内臓の働きなども改善されるので正しい姿勢を維持するように心がけていくと良いと思います!

首の痛みの原因にもなり得るストレートネックについてお話します。
正常な人の脊柱では横から見ると緩やかにカーブしています。このように、湾曲があることで重たい頭(5~6キロある)を安定して支えることが出来ます。しかし、パソコンスマホの画面を長時間見ていることで、うつむきがちになりやすい現代人。肩こり首の痛みに悩んでいる方も少なくないと思います。長時間うつむきがちな姿勢が続くと背中が丸くなり、首が前に出た姿勢になります。そんな姿勢が続くことで頚椎のカーブが崩れ、重い頭を首や背中の筋肉で支えなければならなくなり、「慢性的な頭痛首の痛み肩こり」といった症状が出てくるのです。
。このように、ストレートネックのような姿勢になると、全身の骨格もいびつな状態となり、首や肩の症状だけでなく、めまい、自律神経失調症、不眠症など、身体全体に不調をきたす可能性があります。
当院では施術を行い、正しい姿勢を意識できるよう指導しながら、ストレッチなどで日々のケアをし、快適な生活を送れるようサポートしていきます!一緒に頑張りましょう!!

朝起きたら痛くて首が動かない!
という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。寝起きに首の痛みを感じる人が多いでしょうが、そのような急性の首痛のことを一般的に「寝違え」といいます。首の筋肉が炎症を起こしてしまい、痛みを感じるのです。目覚めたときは、なんだか首に違和感を感じる程度かもしれませんが、時間が経つにつれて首が動かせなくなることも珍しくありません。寝違えは、なんとなく痛みを感じ、なんとなく放っておけば治るものだ、というイメージが強いかもしれませんが、正しい対処をしないと、悪化して治療が長引いてしまうこともあります。寝違えとは、枕を変えた日になりやすい、枕の高さが合っていないからだ、と思っていませんか?枕も寝違えの原因のひとつとして有名ですが、それだけではないのです!
慢性的な肩凝りストレスなど、他にも原因とされている要素があるのです。なので、誰でも寝違いを起こしてしまう可能性があると考えられます。
軽度の場合は、自分で動かすこともできるでしょうが、無理に動かそうとすると痛みがどんどん増していきます。
重度の場合は、ちょっと首を回そうとしただけで激痛が走るようになってしまうかもしれません。こうなると自分で治すのは難しいかもしれませんね。軽い寝違えだと、数時間から1日程度で症状が改善することもあるでしょう。
しかし中~重度の場合は2日~3日、または1週間以上痛みが継続することもあります。1週間も首が痛いと、日常生活に支障をきたしますよね。特に仕事で車の運転をしなくてはいけない人は危険ですし、たとえデスクワークだとしても首が痛ければ集中できず仕事になりません。寝違いとは頚部が何らかの原因で「炎症」を起こすことによって発症する障害です。以下の症状のいずれかに該当する場合は、寝違いの可能性が考えられます。
【寝違い症状の特徴チェック一覧】
●寝起き時に首にこわばりがあり起きるのが辛い
●急激に首を横にまわすと激痛が走る
●首をまわす角度が大きくなるほど徐々に首の痛みが増す
●無意識に横を向く際に、体ごと回してしまう
●頸部に熱感がある
●上を向くのが辛い

尚、痛みとともに「しびれ症状」などを併発している場合は神経系の障害を検討する事となります。
朝起き上がろうと首に力を入れた時や、寝返りを打たずに不自然な姿勢のまま寝てしまい、不自然な力がかかった時に発生してしまうこともあります。寝ているときは、不自然な姿勢に気付かないので、朝まで態勢を変えられずに起きてしまいます。夜中に起きたときには姿勢を変えてみるなど、負荷がかかりすぎないように工夫できるといいですね。就寝中に不自然な姿勢をとってしまう原因となるのが、枕です。いつも使い慣れた枕なら問題ないでしょうが、旅行先などの慣れない枕、高さのありすぎる枕は寝違えを起こしやすいと言われています。またソファーなど落ち着かない場所で寝てしまうのも原因のひとつです。慢性的な肩こりで運動不足も続いているという人は、寝違えを起こしやすいタイプと言えるかもしれません。首や肩の筋肉に強い緊張がみられるため、正常な人に比べ首の可動域が低下するのです。そのため就寝時の姿勢が不自然になってしまったり、起きようと身体に力を入れようとした際に、首の筋肉に必要以上に力が入りすぎて炎症を起こしてしまいます。
無関係のように思えるかもしれませんが、内臓の不調も寝違えに関係してくると言われているのです。内臓が疲れてしまっている状態が、寝違えの原因になるというのです。暴飲暴食やお酒の飲みすぎは、寝違えの原因といえます。内臓の不調が自律神経に影響し、首に不調が現れてしまうのです。左の寝違えは食べ過ぎや環境の変化による胃の不調や、甘いものの食べ過ぎなどが原因と言われています。右の寝違えはお酒の飲みすぎなどで肝臓が疲労したため、と言われているのです。様々な要因から起こしてしまうこの「寝違え」ですが、早期に的確な処置をすれば、それだけ回復も早いです。また、他の疾患、例えば頸椎ヘルニア、頚腕症候群などとの鑑別も必要になってきますので、お近くで上記のような症状でお困りの方がおられましたらぜひ当院に来られることをお勧めします。
ストレートネックになり首が反らせなくなる事についてお話します。
頚部が前方に突き出た姿勢を続けると、頚部を支える首後面の伸展筋群が緊張し、首をそらせる動きが困難になります。さらに頚部の重さを分散して受け止める頚椎の前彎カーブも失われます。主な原因には、顎が突き出た姿勢での作業が考えられます。パソコンを見つめるデスクワークは、顎が前方へ引き出されるため首に負担がかかります。
顎が突き出ると頭部の重さを、首後面の伸展筋群が首を反らせる動きで支え続ける状態となります。首の負担を補おうとして猫背にもつながりやすくなります。また、頭部が突き出た姿勢は、首の付け根が折れ曲がる頭部を垂らした姿勢よりも、首全体を反らせて頭部の重さを支える動きとなります。
上の画像は正しい姿勢の画像になります。顎を引いたままパソコンを見ると、頭部は前方へ動かなくなります。
続いて骨と筋肉の画像を使って詳しく紹介していきます。
<頭部がカーブした脊柱にバランス良くのっている(正常)>
(脊柱のS字カーブが頭部の重さを分散して受け止めているため、首に負荷が集まりません)
<顎が前方に突き出て頭部の負荷が首に集中>
(顎が前方へ突き出ると、頚椎を反らせる動きで頭部が落ちないように支え続ける状態になります)
<頚椎を反らせる動きに働く頚部伸展筋群が緊張して硬直>
(前方に突き出た頭部を支える頚部伸展筋群の板状筋郡や反棘筋群が収縮を続けることで緊張してガチガチに硬くなり、首を反らせる動きが困難になります)
ストレートネックが発症するしくみをまとめると、頚椎に付着する首後面の筋肉が緊張して硬くなると、頚椎の動きも制限され、頚椎の前彎カーブが次第に失われていきます。
そうなると、頚部の重さが分散されず、頚椎に過度な負荷がかかる状態となるため、首後面のコリがひどくなります。これらのことから、パソコンなどのデスクワークのときに顎を前に出すのではなくて、顎を引くイメージでデスクワークをすると首後面の緊張はマシになります。
ストレートネックや首の後ろが硬くなって反らしにくい方は是非、参考にしてみて下さい!!
つづいては痛みで首が動かせない頚椎ヘルニアと変形性頚椎症について紹介していきますね!!
首のコリが慢性化すると、頚椎に挟まれた椎間板や頚椎の一部が損傷するリスクにつながります。頚椎ヘルニアや変形性頚椎症まで進行すると、痛みで首が動かせない状態になります。
その主な原因には、首への負荷が積み重なり、椎間板が損傷して頚椎ヘルニアになり、また、椎間板が薄くなると、上下の頚椎同士がぶつかり変形性頚椎症へと進行することが考えられます。
頚椎ヘルニアとは、椎間板の中心にある髄核が周囲の線維綸から飛び出し、脊髄神経の神経根を圧迫し、首が動かせないほどの痛みや腕のシビレが生じます。
ヘルニアまではいたらず、椎間板の髄核や線維綸が損傷または炎症を起こすような状態は、頚椎椎間板症と呼ばれます。
続いて変形性頚椎症は、加齢やダメージの蓄積で椎間板が硬くなり、クッション性が低下すると、上下の頚椎同士がぶつかって炎症を起こすようになり、椎骨の軟部組織が肥厚して関節面に骨棘が形成されます。
一般的に中高年層で多くみられます。
<慢性的な首後面のコリやストレートネック>
首後面の筋肉が収縮した状態で硬直すると、頸椎が圧迫されてS字カーブが失われていきます。

<カーブを失った頸椎の椎間板に圧力がかかる>
頸椎の前彎カーブが失われてくると、椎間板の前部に過度な圧力がかかるようになります。

<椎間板の髄核が飛び出して脊髄神経の神経根を圧迫>
椎間板の前部に圧力がかかることで、椎間板の中心にある髄核が後方へ飛び出し、脊髄神経の神経根を圧迫します。椎間板は加齢とともに水分が減って硬くなるため、30~50代の発症リスクが高くなります。

頸椎ヘルニアになるしくみをまとめると、頭部の重さを支える負荷が筋肉だけでなく、頸椎や椎間板までおよんで発症します。髄核が線維輪を押し出すタイプのヘルニアは治りにくいですが、髄核が線維輪から飛び出すタイプのヘルニアは、数か月程度で自然治癒するケースも多いです。
首に痛みや違和感、動かしにくい感じなどがありましたら頸椎ヘルニア、変形性頚椎症になる前に早めに施術をうけることをお勧めします。

さて、つづいては様々な首の痛みについて紹介していきますね(^_^)v
<頚椎症や頚部椎間板ヘルニアの可能性も>
首に痛みが生じる障害や病気には、頚椎症、頚部椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、寝違え、肩こりなどがあります。筋肉のこりなどではなく、肩や腕、手にも痛みやしびれ、運動障害などがおこることがあります。
《主な病気と特徴》
特に神経に問題がある病気について説明します。
●頚椎症
頚椎症は年齢を重ねていくごとに負担が蓄積する事が原因で、頚椎椎体の縁の部分や椎間板が後方に突出したり、頚椎を上下につなぐ靭帯が骨化するなどして、頚髄や頚神経の神経根(根元部分)などを圧迫します。
首や肩、背中の痛みが主な症状で、動かすと痛みが増し、安静にしていると軽減するのが特徴です。

ひどい肩こり、手や指のしびれなどの感覚異常、腕の脱力感、箸をうまく持てないなどの運動障害が起こります。
頚部にカラーと呼ばれる装具を装着したり、整体治療、温熱療法、低周波療法や、筋弛緩薬や消炎薬などの薬物療法などで症状の緩和を図ります。
●頚部椎間板ヘルニア
頚部椎間板ヘルニアは、姿勢が崩れたりすることで頚部の椎間板の組織に負担が蓄積し、そこから中にある髄核が後方に飛び出し、頚髄などを圧迫します。
(頚椎の椎体を上からみたところ)

首、肩、腕の痛みやしびれ、感覚の異常など頚椎症とよく似た症状が起こります。

治療も頚椎症と同様、安静、頚椎カラーによる固定、整体治療、温熱療法などが行われますが、ひどい場合は手術を行うこともあります。
<その首の痛み、ストレートネックかも>
正常な頚椎は緩く前弯していますが、これが何らかの原因で真っ直ぐになってしまい、首や肩の痛み、腕のしびれなどの症状を引き起こすものをストレートネックといいます。

近年、うつむいた姿勢で長時間スマホをいじることが原因でストレートネックになる人が増えているそうです。

また頚部に繰り返し衝撃が加わるラグビーなどのコンタクトスポーツや、首をまっすぐに立てて顎を引く姿勢を長時間保つダンスなどのアスリートにもストレートネックになる人がいます。

日常生活の中でも首から肩にかけてのストレッチや筋力強化、姿勢の改善、枕の見直しなどのケアを心がけましょう。
ストレートネックになることで首の痛みや肩こり背中の痛みなども起こりやすくなるため脊柱のバランスを治療していく必要があります。
自分は大丈夫と思っていても普段の生活でスマホやパソコンなど首に負担のかかる作業をしている方はこれから5年後10年後と悪化していく可能性があるので、早めから治療していく事をおすすめします。
当院では、姿勢のバランスが崩れストレートネックになってしまっている方や、首の痛みで悩んでいる方が多く来られています。

治療を続けていくことで姿勢の改善、首の痛みが改善されている方も多くいるので、このような症状でお困りの方は是非当院へお越し下さい。

今日は首痛、肩痛、背部痛に効果的なストレッチをお伝えします。
上の写真の図のように首が痛いといっても首と背中は大変近いところで繋がっている部分です。
もっと言うと背中だけではなく、肩、腕、手まで筋肉、神経、皮膚、血管と連鎖して繋がりが強いです。
特に、肩甲骨と脊柱の間が、ガチガチに固まってしまうと何とも言えない首の痛みが出てきたり、寝違えや筋違えを起こしやすくなります。そこで、次のようなストレッチをしてみてください!

どおですか?なんだか身体がラクじゃないですか?真っ直ぐ立ち易くないですか?ここで注意なのですが、首痛や筋違えをされている方は無理に伸ばし過ぎないようにしてくださいね。加減をしながら、毎日隙間時間にちょこちょこと入れていってあげるのがコツです!いきなり無理やりするのではなく、コツコツ自分の身体と向き合いながらやっていってみてください。