膝の痛みの施術

膝関節痛が起こる外傷や病気には、半月板損傷や靭帯損傷(前・後十字靭帯)ランナー膝などのスポーツ障害、中高年者に多い変形性膝関節症、全身の関節が侵される関節リウマチ、小児に起こるオスグット・シュラッター病などがあります。激しいスポーツ、O脚やⅩ脚、加齢、肥満、運動不足による筋力低下などがリスクになります。
※変形性膝関節症
多くの方が加齢と共に抱える悩みである「膝の痛み」変形性膝関節症は関節痛があると、立ち座りがつらくなり、やがて日常生活に支障を感じるようになります。加齢や筋力低下などにより、膝の軟骨がすり減ったりして炎症を起こし、軟骨がなくなって骨棘ができます。人が歩く時には、体重の約3.1倍の負荷が膝にかかるといわれています。例えば、体重が60kgの人では、約180kgの負担が膝にかかっていることになります。体重が重いほど膝に負担がかかりやすく、軟骨や半月板が傷つき発症しやすくなり、膝の痛み、変形(O脚やX脚になる)膝が曲げられない、伸ばせないなどの症状が出ます。
初期では、立ち上がり、歩き始めなど動作の開始時のみに痛み、休めると痛みがマシになり正座や階段の昇降が困難になり、末期になると、安静時でも痛みを感じるようになり、痛みがとれず変形が目立ち膝も伸びず歩行が困難になります。
また、男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。
運動不足で脚の筋力が衰えてくると膝に大きな負担がかかってしまい、膝の関節でクッションの役割をしている軟骨が傷つき、膝を動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。原因はさまざまありますが、過去に膝にケガをした経験がある方や、運動不足になりがちな主婦の方、デスクワークの多い方、姿勢の悪い方、太り気味の方などは注意が必要です。

半月板損傷

半月板は膝内部の内側(内側半月板)と外側(外側半月板)に1つずつあります。大腿骨と脛骨からなる関節面に介在して膝の動きをスムーズにしたり膝関節の動き(屈曲・伸展、内旋・外旋)に際して膝関節を安定させたりするとともに、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッション的な役割(衝撃吸収)を果たしています。この半月板が、スポーツ活動などによって膝をひねったときにストレスでこすれて損傷(断裂)することがあります。半月板を損傷すると膝関節の疼痛や運動制限(可動範囲の制限)が生じます。半月板損傷はスポーツにおける怪我によるもの、加齢による変性で起こるものがあります。前十字靭帯損傷と同時に受傷することも多く、関節軟骨損傷を伴うこともあります。また、前十字靭帯損傷の結果、膝崩れを何度も繰り返すことによって半月板損傷に至ることもすくなくありません。ほとんどの場合、MRI検査でほぼ診断がつきますが、それでもわからない場合には関節鏡による検査を行うこともあります。

膝靭帯損傷

膝関節を安定化させる靭帯として、4つの靭帯が膝の関節の動きをコントロールしています。内側には内側側副靭帯、外側には外側側副靭帯、膝関節脛骨の前方から大腿骨側に向かう前十字靭帯、脛骨の後方から大腿骨側に向かう後十字靭帯があります。膝靭帯損傷は急速にストップやターンを繰り返すスポーツや衝撃の激しいスポーツ(コンタクトスポーツ)などを行うときなどに起こります。膝靭帯損傷では膝が痛む、腫れる、膝を動かしにくくなるといった症状が現れます。原因としては、膝の外反強制で脛(すね)を無理に外側に向けられることにより内側が伸ばされ内側側副靭帯損傷が生じます。内反強制で脛を無理に内側に向けられることにより外側が伸ばされ外側側副靭帯損傷が生じます。直接接触による脛の外反強制やジャンプの着地時に捻れが加わったりすることで前十字靭帯損傷が脛にかかる無理な後方への力(交通事故でダッシュボードに脛が当たった場合など)で後十字靭帯損傷が生じます。最も頻度が高いのは内側側副靭帯損傷であり、外側側副靭帯単独損傷は非常にまれです。力の程度によっては複数の靭帯、半月板に損傷が及ぶこともあります。

オスグッド・シュラッター病

10歳以上の活発にスポーツをする成長期の男児に多いです。成長期の子供の脛骨粗面(膝下)は、まだ軟骨部分が多く弱いので、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面に加わります。主に使いすぎ(over use)で起こります。成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して痛みます。大きな原因の一つに使いすぎ(over use)があげられます。成長過程の身体はとてもデリケートになっており、同じ動作を繰り返し行って、骨・腱・筋肉などに疲労がたまるとオスグッド病などのスポーツ障害が起こります。走る、飛ぶ、蹴る、などの動きをする時は、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が収縮します。この筋肉は、お皿(膝蓋骨)を介して、脛骨粗面に付着しているので、繰り返しの動作により付着部分が引っ張られると、炎症が起こります。ひどくなると脛骨粗面の軟骨が隆起や剥離が起こりオスグット病となります。

鵞足炎

鵞足は、大腿内側の筋肉から下腿内側に付着する3本の腱の総称です。鵞鳥の足のような形をしている為、鵞足と呼ばれています。この部分には、滑液包がありスポーツなどで炎症を起こして痛みを生じます。膝は「曲げ伸ばし」を行う部位であるため、靭帯や腱が骨との摩擦によって傷つき、炎症を起こすことがあります。その結果、鵞足炎や鵞足滑液胞炎などさまざまな膝の障害が現れます。鵞足炎では鵞足に小さな損傷が生じることで痛みを感じます。また、過度のスポーツや運動、合わない靴、安定しない足元での運動、膝の使いすぎによる鵞足滑液包の過度な摩擦によっても起こります。鵞足滑液包炎の場合には、「関節リウマチ」や「痛風」といった全身性の病気、または滑液包におこる感染症などによっても引き起こされます。

ランナー膝

ランナー膝とは、走る動作により、腸脛靭帯(膝の外側にある)が大腿骨外顆に繰り返しこすれて炎症が起きる腸脛靭帯炎のことです。陸上長距離選手、バスケットボールや自転車などの選手に多く、「膝の外側が痛い」と訴える方が多いです。原因としては以下のようなことが考えられます。足首の動きが固く、柔軟性のない方。筋力が低下し接地時に身体が横方向に傾く走行フォームとなっている人は腸脛靭帯への過剰な負荷が生じるためランナー膝(腸脛靭帯炎)を起こしやすいです。
 

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!