肘の痛みについてとその施術

肘関節は、上腕骨と橈骨・尺骨という3つの骨から成る関節です。肘を曲げたり伸ばしたり、前腕を内側や外側に捻ったりする働きがあります。そして関節の周りの軟骨、筋肉、腱、靭帯が関節をサポートし、安定性を保っています。肘関節だけで動くのではなく、肩関節や手関節と連動しながら働く関節です。日常生活やスポーツなどにおいて痛める方を良く見かけます。

野球肘(上腕骨内側上顆炎)

野球肘は野球の投球動作、特に成長期の投手に多く発生する障害です。成長途中の未熟な骨や軟骨に、過度な投球や悪いフォームでのピッチングを繰り返すことによって、肘の内側や外側、肘頭に痛みが出現します。その中でも圧倒的に肘の内側が痛くなることが多いです。この部位を「内側上顆」といい、そこに起きる炎症のことを「上腕骨内側上顆炎」といいます。野球だけでなく、バレーボール、ゴルフ、テニスなど、腕に負担のかかるスポーツや、力仕事など重たい物を持ち上げる反復動作時に痛みが出ることもあります。
症状としては、患部の圧痛が顕著で、肘の可動域に制限がかかり曲げ伸ばしの動きがうまくいかなくなることがあります。軟骨に障害を受けるのは成長期の小児に多くみられ、成人では肘関節を構成する靭帯が損傷を受けることが多くなります。
まずは投球動作や負担のかかる動作を中止し休ませることで、症状の軽い初期の段階であれば、そのまま治癒していくことも期待できますが、場合によっては数か月以上投げられないこともあります。
症状の進行具合があまりにも進行していれば、手術の対象になることもありますので、早期発見早期治療が何よりも大切になっていきます。予後も保存療法のほうが良いので、違和感や痛みがあれば早めの受診をお勧めします。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘は、スポーツなどで手首を使った時に、肘の外側に痛みが発生するもので、「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれています。前腕伸筋腱の付着部(肘の外側の外側上顆というところ)に炎症を起こします。テニスだけでなく、ゴルフ、バトミントン、剣道や、料理人などの手首を使う職業や、重たい物を持つ動きをする職業で発生します。つまりテニス選手以外の誰であっても起こり得る障害であるといえます。「物を繰り返し握る」「物をつかんで持ち上げる」「タオルや雑巾を絞る」など、前腕伸筋腱の付着部に繰り返しストレスがかかることで痛みが出現、または増強します。
野球肘と同様に、手を安静にすることが最も大切です。仕事などでどうしても手を使う人は、逆の手を使ったり、痛みの出ないような動かし方で負担をかけないようにして下さい。
当院では、まずアイシングをし、早期に炎症を抑え、関節運動などのリハビリ、正しい筋肉の使い方や、自宅でできるトレーニングなどを指導していきますので、お気軽にご相談下さい。

肘部管症候群

肘の内側にある尺骨神経が慢性的に圧迫されたり牽引されることで発症する疾患です。
尺骨神経は上腕から前腕、指先にまで広く分布しています。「机の角に肘をぶつけて小指の先までしびれがきた!」なんていう経験をしたことってありますよね。それが尺骨神経の支配領域です。その尺骨神経が通る上腕骨内側上顆の後方にある「尺骨神経溝」というトンネルを通る際に、何らかの原因で肘部管の内圧が高まり尺骨神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こします。原因としては、慢性的に負荷のかかる動作をしていたり、大工仕事など長時間酷使することで発症することが多いです。また、柔道や野球、小児期の肘の骨折による変形(外反肘、内反肘)や、ガングリオンなどの腫瘤による圧迫でも発症することがあります。
主な症状は、初期は手の小指から薬指の外側半分までのしびれや痛みがあります。進行すると手の筋肉が痩せて「鷲手変形」という手の変形が現れます。これになると小指と薬指がまっすぐ伸ばせなくなり握力も低下します。また、肘の内側をたたくと、小指と薬指の一部に痛みが響くTinel徴候(チネル)がみられます。
まずは負荷のかかる動作を辞め、安静にさせる必要があります。進行しているものや、腫瘤などが原因で起きている肘部管症候群については手術が必要となるケースがあるので、しびれや痛みがある場合は早めに受診することをおススメします。

離断性骨軟骨炎

肘の曲げ伸ばしをスムーズに行うために、関節内の骨端部に軟骨があり、滑車の役割を担っています。野球の投球動作やスポーツなどで同じ動作を長期間繰り返すと、軟骨が関節内ではがれ落ちてしまいます。この状態を「離断性骨軟骨炎」と呼びます。特に肘や膝の関節で多くみられます。成長期である小・中学生に好発し、2:1で男性が多く発症します。
発生原因は「外側型野球肘」のように、投球動作の繰り返しや、悪いフォームでの投球により、肘の外側(上腕骨小頭や橈骨頭)に外反ストレスによる圧迫力が加わり、軟骨や骨に血流障害が生じ、障害された軟骨や骨の一部が壊死し、その部位がはがれ落ちることになります。
初期では運動後の不快感や鈍痛以外に特に症状はみられません。軟骨下骨のはがれ具合や、変性の進行とともに痛みが強くなります。軟骨が完全にはがれ落ちて関節に遊離すると、肘の曲げ伸ばしの際に引っかかり感やズレが生じ、関節に遊離物が挟まってしまうことを「関節ねずみ」といい、肘がロックして動かなくなってしまします。(ロッキング)
ロッキングを起こすようになってしまうと、手術が必要となってしまいます。
当院では、初期であれば運動を中止し、肘を安静にさせると共に、動きを悪くさせている筋肉にアプローチするだけでなく、脊柱・骨盤など投球動作を不良にしている部位をみつけ、施術し柔軟性を高めていくことで肘にかかる負担を減らしていきます。
出来る限り早期に治療を始めることで予後が違っていくので、違和感がありましたらまずはご相談下さい。

肘内障

肘内障とは、俗にいう「肘が抜けた」状態のことをいいます。
親と手を繋いでいる子供の手を急に強く引っ張ることで起こる肘の関節の亜脱臼の状態です。1歳~5歳ぐらいまでの幼児に起こりやすく、腕を引っ張られて起こるだけでなく、転倒や捻ったりすることでも生じます。幼児はすぐに泣き出したり、痛みを訴えて腕を使わなくなります。とても痛がり腕を下に垂らしたまま動かそうとはしませんが、腫れや腕の形が変形したりすることはありません。
肘内障は腕を強く引っ張られた際に、肘関節の橈骨と尺骨をつなぐ輪状靭帯という靭帯が橈骨頭からはずれて関節内に挟み込まれることで起こります。
整復は比較的容易ですが、骨折など他の怪我の疑いもあるため、できるだけ早く当院のような整骨院や整形外科に受診するようにして下さい。肘内障が治ったあとも、しばらくの間は再発しやすいため、激しい遊びや手を引くようなことは控えてあげて下さい。

上腕骨顆上骨折

転んだ際に手をついたり、高い所から転落して肘が反る(過伸展)ことで骨折します。主に3歳~8歳ぐらいの小児に生じる骨折で、小児の肘のまわりの骨折の中で最も発生頻度の高い骨折です。
小児の上腕骨顆上部は、骨の表面の骨皮質が薄く大人に比べると骨が細いため、そこに強い外力が集中することで折れてしまうのです。成人であっても交通事故やスポーツなどで生じることがあります。上腕骨顆上骨折では神経や血管を損傷してしまう可能性があるほか、適切な処置を怠ると、肘が変形したまま癒合してしまうこともあります。
受傷後肘に強い痛みと腫れが生じ、骨折部に変形や内出血が現れます。骨折による腫れが強い場合、局所の循環障害を起こして前腕への血流が障害されるために、指が変形して固まってしまう「フォルクマン拘縮」を合併する可能性があるため、適切な治療を早期に行う必要があります。また、正常なポジションに整復しないまま治癒してしまうと、前腕が内向きに曲がった「内反肘」という変形をして、肘関節の動きが制限されてしまいます。このような変形には尺骨神経の障害も合併することがあります。
軽度の骨折の場合3~4週間のギブス固定で患部を安静に保ち、経過観察を行います。血管損傷があったり、変形が強いなどの重傷例では手術が必要となります。
固定中であっても、患部の循環を促していくことが早期治癒につながっていくので、当院では手指を動かすリハビリトレーニングなどを行っています。まずは、芦屋市のくろき鍼灸整骨院までご連絡下さい。

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!

『野球肘』について紹介していきます。野球肘とは、身体が成長期の段階にもかかわらず、過度な投球を繰り返し行ったり、肘関節に負担のかかる投球フォームなど、投球に関するさまざまな要因により惹起される肘関節の障害です。

野球肘には3つの分類に分けられます。
内側型:上腕骨内側上顆骨端核、外側型:離断性骨軟骨炎、
後方型:肘頭骨端線閉鎖遅延、肘頭疲労骨折
この3つに分類されます。
まず内側型について紹介していきます!
この内側型の損傷は特に小学生・中学生(10代前半)に見られることが多いです。
最初は痛みが軽くても、無理をしていると後々、痛みがきつくなりスローイングができなくなるまで悪化し、完治するまでに長い時間がかかる場合があります。
この肘関節の損傷で多く見られる内側型には内側上顆という肘の内側の骨がありその内側上顆に屈筋群・円回内筋群・内側側副靭帯が付着しています。
これらの屈筋群・円回内筋群・内側側副靭帯が投球時に肘関節に過度の外反ストレスが繰り返し加わり牽引力が働くことによって、付着部である内側上顆に炎症が起こります。写真の赤い丸の部分で内側上顆炎が起こります。

また、これらの障害は骨・軟骨が未成熟な小学生や中学生頃に多く見られます。
骨の成長が終わった後の高校生以上は、骨よりも靭帯組織の方が相対的に弱くなるので内側側副靭帯の損傷が起こり外反動揺性などの障害が見られます。
内側型の痛みは屈筋群・円回内筋群・内側側副靭帯などが密接に関係するため練習や試合後のストレッチやアイシングなどのケアがとても重要になっていきます。
使い終わった後ケアをおこたると筋肉などの組織が固くなってしまい、損傷した組織の回復も遅くなり、その状態で肘を使い続けると肘はどんどん壊れていきます。
そうならないためにも日頃からのケアをしていかなければなりません!!
野球肘の外側型、後方型について紹介していきます。外側型は主に離断性骨軟骨炎が多く見られます。離断性骨軟骨炎とは肘の外側には腕撓関節という上腕骨(上腕骨小頭)と撓骨(撓骨小頭窩)からなる関節があります。

この部位(指で示している)で離断性骨軟骨炎が起こります。離断性骨軟骨炎は軟骨下骨の骨化障害のみで、軟骨表面に亀裂が見られない時期に安静にすれば、成長と共に骨化が回復して治っていきます。しかし、軟骨面に亀裂が生じたり軟骨下骨とともに分離したりすると手術をすることになります。また分離した軟骨が関節内に遊離体として存在すると、著名な関節可動域制限が生じ、肘が曲がらなくなる場合があります。遊離体が関節軟骨を傷つけると変形性肘関節症になります。保存療法、観血療法(手術)どちらも腕撓関節に加わる圧縮とせん断ストレスを最小限に抑えることが、重要になります。後方型は肘の裏側に痛みが出ます。

後方型は高校生や大学生など、筋力が発達してきたころに痛みが出てきます。リリース直後、肘関節が伸びた際に上腕骨と尺骨(腕尺関節)がぶつかり合う事で肘関節に痛みが出てきてしまうものです。また、上腕三頭筋が過剰に収縮することで骨が引っ張られ痛みを起こしてしまいます。この場合は上腕三頭筋の緊張が原因にもなるため上腕三頭筋のストレッチをしていく必要があります。以上が野球肘に関する事を紹介してきましたが、野球肘を無理して放っておくと痛みは次第にひどくなりパフォーマンスも下がり今後の選手生命にも関わる重大な事態を招く原因になるため無理をせずに治療していく事をお勧めします。お困りの方は、是非一度来院してみて下さい^^

当院にはテニス肘でお悩みの方が多数来院されております。その痛みの発生原因については後ほどお話しますが、軽度の痛みの方から、日常生活に支障をきたしている方まで、その症状は幅広く見受けられます。
この疾患名は通称で、正しい名称は「上腕骨外側上顆炎」といいます。
「テニス肘」という通称のためテニスをしている方に起きる疾患ように聞こえますが、実のところ、テニスをやっておられる方だけでなく、手を使う軽作業をなさる方や、パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。
これは肘の外側にある、骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症であると考えられています。上腕骨外側上顆には、手首を背屈させるために働く筋肉群が付着しています。
症状ですが、30歳代~50歳代の人に多くみられ、物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みを感じます。手首や肩の方にまで痛みが放散することもあります。また、テニスをするときにラケットをバックハンドでにぎってボールを打った瞬間に肘が痛くなったりします。初心者や中年以降のテニスをされる方に多くみられます。これが「テニス肘」と言われる由縁です。多くの場合、安静時に痛みはないと言われています。
テニスや重いものを持つ動作など、比較的強い力が加わり発生しやすい外側上顆炎ですが、パソコン作業でも起こしてしまうんです。それはなぜかと言うと、長時間のパソコン作業により、手首が知らないうちに「伸展位」つまり背屈した状態が続き、さらにキーボードを入力するときやマウス操作をする際に指を上下させていると、手関節が伸展位になってしまいます。その結果、外側上顆に負担がかかり痛みが出やすくなってしまうのです。避けられるのであれば、長時間の入力作業などはできるだけやめるようにしましょう!!
では、もし上記のように肘が痛くなってきたらどうすればいいか・・・それは・・・
休息!!
つまり指や肘を極力動かさないようにしてやることです!指や手首を動かさず使わなければ痛みを感じることは少ないのでまずは手を止めて休めてください。
また、冷やすべきか温めるべきかで迷うこともあるかと思います。たとえばテニスなどが原因で起こった急性の強い痛みに対しては冷やし、そうではなく慢性痛になっている場合は、周辺組織の緊張をほぐして血流を促すために温めると良いでしょう。どうしても手を使わないといけない場合はサポーターで肘にかかる負担を減らしてあげることも有効です。
あとストレッチなどで緊張の強い前腕部を伸ばしてあげることも大切で、当院ではそういったストレッチ指導などのセルフケア指導も行っております。
個人差はありますが、安静にしてしっかり治療していけば3~4週間で治っていく場合がほとんどですので、同じような症状でお悩みの方は、まずはくろき鍼灸整骨院にご相談ください。
皆様が快適に生活していけるよう全力でサポートさせていただきます!!

姿勢と上肢の関係について紹介していきます。
上肢は、辞書的には肩口から先の腕の部分を意味します。ここでは腕を動かしている上肢帯(肩甲帯)も含めて紹介します。上肢を構成している骨には、上肢帯と自由上肢帯があります。上肢帯には肩甲骨、自由上肢骨には、上腕骨、前腕の骨、手の骨があります。上肢の主要な関節には、肩関節、肘関節、手関節があります。なかでも、姿勢に大きくかかわっているのは、肩関節です。
肩関節は、複数の関節から構成されています。それらは肩の動きにおいて密接に連携していることから、肩関節複合体と呼ばれています。肩関節複合体には、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、第2肩関節が含まれます。このうち肩甲胸郭関節は、筋肉による生理的な関節であり、第2肩関節は機能的な関節です。
肩関節のどこかにトラブルが起こると、肩こり、四十肩・五十肩といった痛みや障害につながります。さらに、猫背や円背といった不良姿勢とも関係します。また不良姿勢により、肩の障害も引き起こします。
肩の運動には、胸郭や脊柱の動きも加わっています。このほか、肘関節や手関節も姿勢の維持に関わっています。
こういった不良姿勢から起こる肩関節の痛みなど施術をすることで痛みや可動域などが変化していくのでそのような症状でお悩みの方はお越しください。