野球肘、外側・後方の痛み

皆様こんばんは^^寒い日々が続きますが風邪などひかれてないですか?外は寒いですが中は暑いぐらいだったりするので洋服で調整しなきゃなりませんね!お身体ご自愛ください!今日は前回に引き続き野球肘について外側型後方型について紹介していきますね!外側型は主に離断性骨軟骨炎が多く見られます。離断性骨軟骨炎とは肘の外側には腕撓関節という上腕骨(上腕骨小頭)撓骨(撓骨小頭窩)からなる関節があります。

この部位(指で示している)で離断性骨軟骨炎が起こります。離断性骨軟骨炎は軟骨下骨の骨化障害のみで、軟骨表面に亀裂が見られない時期に安静にすれば、成長と共に骨化が回復して治っていきます。しかし、軟骨面に亀裂が生じたり軟骨下骨とともに分離したりすると手術をすることになります。また分離した軟骨が関節内に遊離体として存在すると、著名な関節可動域制限が生じ、肘が曲がらなくなる場合があります。遊離体が関節軟骨を傷つけると変形性肘関節症になります。保存療法、観血療法(手術)どちらも腕撓関節に加わる圧縮せん断ストレスを最小限に抑えることが、重要になります。後方型は肘の裏側に痛みが出ます。

後方型は高校生や大学生など、筋力が発達してきたころに痛みが出てきます。リリース直後、肘関節が伸びた際に上腕骨尺骨(腕尺関節)がぶつかり合う事で肘関節に痛みが出てきてしまうものです。また、上腕三頭筋が過剰に収縮することで骨が引っ張られ痛みを起こしてしまいます。この場合は上腕三頭筋の緊張が原因にもなるため上腕三頭筋のストレッチをしていく必要があります。以上が野球肘に関する事を紹介してきましたが、野球肘を無理して放っておくと痛みは次第にひどくなりパフォーマンスも下がり今後の選手生命にも関わる重大な事態を招く原因になるため無理をせずに治療していく事をお勧めします!!野球肘の治療もJR芦屋駅近くの、くろき鍼灸整骨院でしておりますのでお困りの方は、是非一度来院してみて下さい^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA