腱鞘炎(ド・ケルバン病)について。

皆さまこんばんは!寒さも本格的になってきましたね(^O^)今日は腱鞘炎(別名、ド・ケルバン病)についてご紹介しますね!最近、スマートフォンパソコンを長時間使用する事が原因で腱鞘炎になる人がたいへん増えてきちゃっています(>_<)腱鞘炎は指や手首を使いすぎることによって腱や腱鞘に負担がかかり痛みが出る症状です。最初は手首や指の付け根が少し痛み始めて症状が悪化するとペットボトルを開ける時やペンを握っただけで痛みが出るという日常生活にも支障をきたすほどになります。また、その他に考えられる原因として、女性ホルモンのバランスが関係しています。出産後の女性は女性ホルモンの一つである“プロゲステロン”の作用により腱鞘が収縮して腱の滑走が悪くなり痛みが出る場合があります。また閉経後の女性では“エストロゲン”の作用により、腱や腱鞘の弾力性がなくなり痛みが出る場合があります。先ほどにも説明しましたように、腱鞘炎は放っておくと炎症がきつくなり、日常生活にも支障をきたしてしまうため、そうならない為にも、早期の治療をお勧めします(>_<)!次回、腱鞘炎になってしまった場合の対処法をお教えいたしますね^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA