寝違い!

朝起きたら痛くて首が動かない!

という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

Neck pain

 

寝起きに首の痛みを感じる人が多いでしょうが、そのような急性の首痛のことを一般的に寝違えといいます。首の筋肉が炎症を起こしてしまい、痛みを感じるのです。目覚めたときは、なんだか首に違和感を感じる程度かもしれませんが、時間が経つにつれて首が動かせなくなることも珍しくありません。
寝違えは、なんとなく痛みを感じ、なんとなく放っておけば治るものだ、というイメージが強いかもしれませんが、正しい対処をしないと、悪化して治療が長引いてしまうこともあります。

寝違えとは、枕を変えた日になりやすい、枕の高さが合っていないからだ、と思っていませんか?枕も寝違えの原因のひとつとして有名ですが、それだけではないのです!慢性的な肩凝りストレスなど、他にも原因とされている要素があるのです。誰でも寝違いを起こしてしまう可能性があると考えられます。
軽度の場合は、自分で動かすこともできるでしょうが、無理に動かそうとすると痛みがどんどん増していきます。重度の場合は、ちょっと首を回そうとしただけで激痛が走るようになってしまうかもしれません。こうなると自分で治すのは難しいかもしれませんね。

軽い寝違えだと、数時間から1日程度で症状が改善することもあるでしょう。しかし中~重度の場合は2日~3日、または1週間以上痛みが継続することもあります。1週間も首が痛いと、日常生活に支障をきたしますよね。
特に仕事で車の運転をしなくてはいけない人は危険ですし、たとえデスクワークだとしても首が痛ければ集中できず仕事になりません。

寝違いとは頚部が何らかの原因で「炎症」を起こすことによって発症する障害です。

以下の症状のいずれかに該当する場合は、寝違いの可能性が考えられます。

【寝違い症状の特徴チェック一覧】
●寝起き時に首にこわばりがあり起きるのが辛い
●急激に首を横にまわすと激痛が走る
●首をまわす角度が大きくなるほど徐々に首の痛みが増す
●無意識に横を向く際に、体ごと回してしまう
●頸部に熱感がある
●上を向くのが辛い

尚、痛みとともに「しびれ症状」などを併発している場合は神経系の障害を検討する事となります。

 

朝起き上がろうと首に力を入れた時や、寝返りを打たずに不自然な姿勢のまま寝てしまい、不自然な力がかかった時に発生してしまうこともあります。
寝ているときは、不自然な姿勢に気付かないので、朝まで態勢を変えられずに起きてしまいます。夜中に起きたときには姿勢を変えてみるなど、負荷がかかりすぎないように工夫できるといいですね。

就寝中に不自然な姿勢をとってしまう原因となるのが、枕です。いつも使い慣れた枕なら問題ないでしょうが、旅行先などの慣れない枕、高さのありすぎる枕は寝違えを起こしやすいと言われています。またソファーなど落ち着かない場所で寝てしまうのも原因のひとつです。

 

慢性的な肩こり運動不足も続いているという人は、寝違えを起こしやすいタイプと言えるかもしれません。首や肩の筋肉に強い緊張がみられるため、正常な人に比べ首の可動域が低下するのです。

そのため就寝時の姿勢が不自然になってしまったり、起きようと身体に力を入れようとした際に、首の筋肉に必要以上に力が入りすぎて炎症を起こしてしまいます。

無関係のように思えるかもしれませんが、内臓の不調も寝違えに関係してくると言われているのです。内臓が疲れてしまっている状態が、寝違えの原因になるというのです。
暴飲暴食やお酒の飲みすぎは、寝違えの原因といえます。内臓の不調が自律神経に影響し、首に不調が現れてしまうのです。左の寝違えは食べ過ぎや環境の変化による胃の不調や、甘いものの食べ過ぎなどが原因と言われています。右の寝違えはお酒の飲みすぎなどで肝臓が疲労したため、と言われているのです。

 

様々な要因から起こしてしまうこの「寝違え」ですが、早期に的確な処置をすれば、それだけ回復も早いです。

また、他の疾患、例えば頸椎ヘルニア、頚腕症候群などとの鑑別も必要になってきますので、お近くで上記のような症状でお困りの方がおられましたら芦屋くろき鍼灸整骨院にお任せください!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA