肩の痛み(肩関節周囲炎)

皆様こんにちは^^今日の芦屋は少し気温も上がって3月並みの暖かさになっているみたいです(^O^)/ストレッチや体操で体を動かしたり、身体がかたまらないように注意してくださいね(^^)vさて、今回は四十肩、五十肩といわれる肩の痛み肩関節周囲炎について紹介していきます(^O^)/

<肩の痛みと可動域制限>

40代から60代の中高年者に、肩が痛い痛くて腕が上がらないなどの症状が起こるものを俗に五十肩、または四十肩といいます。正式には肩関節周囲炎といい、肩関節の動きをスムーズにする滑液包や、肩の動きをつかさどる筋肉などの老化によるものと考えられますが、はっきりした原因はわかっていません。

初めは肩を動かすと痛む程度ですが、徐々に安静時にも痛むようになり、肩の可動域が狭くなっていきます。

五十肩(四十肩)は大抵、片側だけに生じます。

五十肩(四十肩)の痛みの特徴の一つに、寝るときに痛みが増す夜間痛があります。

仰臥位(あおむけ)で肩が後方に落ちる(胸を張るような姿勢になる)と痛みがひどくなります。

痛い方の肩を下にして寝るのは不可能ですし、上にして寝ても腕の重みで肩の痛みが増してしまいます。その結果、睡眠が妨げられ、仕事や日常生活にも支障が出てきます。

早く治していくためには、できるだけ普段の生活で痛みを出さないことが重要になります。

だからといって全く動かさなければいいというわけでもありません。

<痛みの緩和と運動が必要>

肩を全く動かさないでいると痛み可動域制限悪化します。

鎮痛薬の内服や、関節内への局所麻酔薬の注射、肩関節への手技での治療で痛みを積極的に取り去り、後に紹介する運動で関節を動かすことが大切です

痛みがひどい場合は神経ブロック療法を行うことがあります。

急性期でなければ、入浴や使い捨てカイロなどで肩を温めたり、肩関節を治療してあげると痛みが軽減します。

また睡眠時は肩から肘の下に畳んだタオルなどを置くと夜間痛を和らげることができます。

<肩関節周囲炎(五十肩・四十肩)の症状>

(肩が痛い、動かすと痛い、じっとしていても痛い)

(腕が上がらない)

(ズボンをはこうと持ち上げると肩が痛む。シャツの袖に腕を通すときに痛む。)

<五十肩・四十肩の夜間痛>

仰臥位で肩が後方に落ちる(胸を張るような姿勢になる)と痛みが増す。

(肩から肘の下に畳んだタオルなどを入れると痛みが緩和される。)

<五十肩を改善するための運動>

肩を動かさないでいると、痛みが悪化したり可動域が小さくなったりします。

無理のない範囲で以下のような運動を行い、関節を動かすようにしましょう。

アイロンなどを持ち、その重さを利用して前後、左右に腕を振ったり、ぐるぐる回す。

壁に手を当て、徐々に持ち上げていきます。壁に対して横向きに、また壁の方を向いても行います。

この運動は重症度に合わせて行ってください。痛みが強いときは無理をせず、ある程度痛みが引いてから運動を行ってください。

当院では、五十肩(四十肩)、肩関節周囲炎、肩の痛みで来られている方がたくさんおられます。

肩関節の痛みでお困りの方は是非当院へお越し下さい!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA