首の痛み。。

皆様こんにちは^^最近の芦屋は雪が降ったりと寒い気候になり風邪も流行っていますが、睡眠を充分に摂り、身体のケアをして疲れをためないように体調管理をしていきましょう!(^^)!さて、今回は首の痛みについて紹介していきますね(^_^)v

<頚椎症や頚部椎間板ヘルニアの可能性も>

首に痛みが生じる障害や病気には、頚椎症頚部椎間板ヘルニア胸郭出口症候群寝違え肩こりなどがあります。

筋肉のこりなどではなく、肩や腕、手にも痛みやしびれ、運動障害などがおこることがあります。

《主な病気と特徴》

特に神経に問題がある病気について説明します。

  • 頚椎症

頚椎症は年齢を重ねていくごとに負担が蓄積する事が原因で、頚椎椎体の縁の部分や椎間板が後方に突出したり、頚椎を上下につなぐ靭帯が骨化するなどして、頚髄や頚神経の神経根(根元部分)などを圧迫します。

(頚椎を横から見たところ)

(頚椎の椎体を上からみたところ)

首や肩、背中の痛みが主な症状で、動かすと痛みが増し安静にしていると軽減するのが特徴です。ひどい肩こり手や指のしびれなどの感覚異常腕の脱力感、箸をうまく持てないなどの運動障害が起こります。

頚部にカラーと呼ばれる装具を装着したり、整体治療、温熱療法、低周波療法や、筋弛緩薬や消炎薬などの薬物療法などで症状の緩和を図ります。

  • 頚部椎間板ヘルニア

頚部椎間板ヘルニアは、姿勢が崩れたりすることで頚部の椎間板の組織に負担が蓄積し、そこから中にある髄核が後方に飛び出し、頚髄などを圧迫します。

(頚椎の椎体を上からみたところ)

首、肩、腕の痛みやしびれ、感覚の異常など頚椎症とよく似た症状が起こります。治療も頚椎症と同様、安静、頚椎カラーによる固定、整体治療、温熱療法などが行われますが、ひどい場合は手術を行うこともあります。

<その首の痛み、ストレートネックかも>

正常な頚椎は緩く前弯していますが、これが何らかの原因で真っ直ぐになってしまい、首や肩の痛み、腕のしびれなどの症状を引き起こすものをストレートネックといいます。近年、うつむいた姿勢で長時間スマホをいじることが原因でストレートネックになる人が増えているそうです。また頚部に繰り返し衝撃が加わるラグビーなどのコンタクトスポーツや、首をまっすぐに立てて顎を引く姿勢を長時間保つダンスなどのアスリートにもストレートネックになる人がいます。日常生活の中でも首から肩にかけてのストレッチ筋力強化姿勢の改善枕の見直しなどのケアを心がけましょう。

ストレートネックになることで首の痛みや肩こり背中の痛みなども起こりやすくなるため脊柱のバランスを治療していく必要があります。

自分は大丈夫と思っていても普段の生活でスマホパソコンなど首に負担のかかる作業をしている方はこれから5年後10年後と悪化していく可能性があるので、早めから治療していく事をおすすめします。

当院では、姿勢のバランスが崩れストレートネックになってしまっている方や、首の痛みで悩んでいる方が多く来られています。治療を続けていくことで姿勢の改善首の痛みが改善されている方も多くいるので、このような症状でお困りの方は是非当院へお越し下さい!!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA