腰痛の起こるしくみ!!

皆様こんにちは^^今日の芦屋は晴天に恵まれ、とても過ごしやすい気候になっていますヽ(^o^)丿、朝晩は少し冷たい風が入ってきているので皆様もお身体に気おつけてお過ごしくださいね(*^_^*)さて、今回は腰痛の起こるしくみについて紹介していきますね!!

<慢性的な腰痛の原因は骨盤のゆがみ>

腰痛は、原因も症状も多様ですが、痛みの対策で大切なことは、つらい痛みを一刻も早く解消することと、再発の防止です。

痛みは警報機能です。原因がなければ「痛みという警報」は発せられません。原因を根本的に取り除かない限り必ず再発します

腰痛の原因は、大きく2種類に分けられます。

①骨と関節、筋肉の正常な動きが妨げられることで起こる機能的問題。

②内蔵疾患の問題(腎臓、肝臓、大腸、胃、すい臓、悪性腫瘍その他)

の慢性的な腰痛は、骨盤のゆがみによって起こる脊柱のアンバランス(変位)が原因で、次のような4つのタイプがあります。

(脊柱側弯)

骨盤から仙骨が傾き、脊柱全体が左右にSの字形に弯曲している状態です。

その特徴と症状は、次のとおりです。

・腰からお尻にかけての片側に、ピリッとした痛みが出る。

・太ももから、ふくらはぎにかけて痛みが出る。

床に座ると、10~20分ほどでお尻から太ももにかけて痛くなる

・左右の足の長さが違う

病院では、「坐骨神経痛」と言われる症状で、腰椎のひねりによって神経が圧迫を受けて発生する痛みです。

そのまま痛みを放置していると、加齢にともなって、股関節痛膝痛になったり、膝関節足関節動かしにくくなったりして、日常動作に支障が生じます。

(腰椎後彎)

骨盤と仙骨の正常な前傾角度がなくなり、姿勢が悪いといわれる状態です。

特徴と症状は、次のとおりです。

・腰が重く痛み、叩くと気持ち良い。

立ち上がるとき、腰がなかなか伸ばせない

長時間、車の運転をした後に、腰を叩きたくなる

・ギックリ腰を繰り返す

体を後ろに反らそうとしても動かない

・猫背で前肩

(直線状脊柱)

腰椎の前彎がなく脊柱が直線的になった状態です。特徴と症状は次のとおりです。

・ウエストから肩甲骨にかけて板のように平らになっている。

女性らしい肩ラインの丸みがなくいかり肩

・肩コリ慢性的頭痛めまいがある。

・顎関節の動きが重いか、痛みがある。

フェイスラインにゆがみがある。

・内股歩きになる。

・O脚X脚

(腰椎前弯過多)

正常な腰椎は適度に前弯していますが、これは過剰に前弯している状態です。

特徴と症状は、次のとおりです。

・反り腰のため腹部お尻出ている

・両脚に痛みやしびれがある。

生理痛がきつい。生理不順

以上の4つのタイプは、単独ではなくいくつかが混成されて腰痛を発症させます。

これらの4つのタイプが主な腰痛の起こる原因になるので、今回紹介したどれかにあてはまる方は、そのまま放っておくと背骨の状態が悪くなり痛みがなかなか取れないというケースも良くある為、早めに治療していくことをおすすめします。

当院に来られている方も症状の原因を取り除き根本から治療していくことで、骨格のバランスが整い症状が軽減している方も多くみられるので、腰痛でお困りの方は是非当院に来院してみて下さい!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA