熱中症について!!

皆様こんにちは^^今日の芦屋は湿度と気温が高く少し外へ出ただけでも汗が止まりませんでした(^o^;)/そんな中、熱中症になった人が出てきているという事で今回はその熱中症について紹介していこうと思います(^O^)!!

熱中症の多くは猛暑日の中運動をしている場合や炎天下にいる時、暑い部屋にいる時などに多くみられ、熱射病日射病というのは重症の熱中症のことを言います。

熱中症の主な症状は頭がズキンズキンする頭痛吐き気立ちくらみ倦怠感などがあげられ、また、暑い場所にいるのにもかかわらず汗をかかなくなったり皮膚が乾燥したり触るととても熱を持っていたりなど、こういった症状があれば熱中症を疑って下さい。

ひどい場合は意識がもうろうとして、呼びかけに反応ができなかったり応答に異常があるといった意識の障害が出る場合もあります。

こういった症状が現れた場合には早急な対応が必用になります。

(対応1)

まずは身体を休めます。

(対応2)

次に身体を冷却します。

冷却しやすいように衣服をゆるめ、風通しの良い陰やクーラーの効いた部屋や涼しい場所に移動します。

また、保冷剤や氷嚢などで大きい動脈が通っている腋下(脇)脚の付け根(鼡径部)などを冷やすと体温を早く下げることができます。

(対応3)

水分補給を行います。汗が大量に出ている場合は、水だけ補給するとけいれんが起きる場合があるので、できるだけ塩分も入ったスポーツドリンクなどを飲むことをお勧めします。

ただし、意識障害や吐き気がある人の場合、無理やり水分を取らせようとすると誤嚥する可能性があるので注意しましょう。

また意識障害吐き気がひどい場合は医療機関での輸液が必要になるので、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。

<スポーツ時の水分補給のタイミング>

スポーツの種類にも異なりますが、15分位毎に100mlの水分を取るのがコツ、30分毎に200mlでも良いです。

軽く汗をかく程度であれば、水でもいいですが、大量の汗をかく場合は塩分の入ったスポーツドリンクをお勧めします。

・熱中症の4タイプ

(熱失神)

熱失神とは脳に血液が回りにくくなり、めまい冷や汗、一時的な失神が見られる症状です。このような場合には足を頭より高くし、涼しい場所で休ませましょう。

(熱けいれん)

熱けいれんは大量に汗をかいたあと、水だけを飲んで塩分を取らなかった場合に起こります。手足のけいれんに加えて筋肉痛のような症状が起こります。

熱けいれんが起きた場合には、1リットルの水に9gの食塩を入れた生理食塩水を作り、塩分を補給しましょう。塩分を補給することで回復していきます。

(熱疲労)                                                                                      

全身の倦怠感や嘔吐(吐き気)、頭痛がみられる場合は熱疲労を疑って下さい。

大量の汗をかくことによって重症の脱水症状を起こしているため、スポーツドリンクなど塩分を含んだ水分を補給してください。また、熱失神と同じく脳に血液が回りにくくなっているため足を頭より高くあげて休ませるようにしてください。

(熱射病)

体温が上がり、不自然な言動や意識障害がみられる熱射病は、命に危険が伴う重症の熱中症です。

体温が異常に高くなってしまっているため、脇の下鼡径部に氷や保冷剤などを当て、できるだけ早く体温を下げる必要があります。

また、命にも関わるため早めに救急車を呼ぶようにして下さい。

以上が熱中症について紹介しましたが、これからの暑い時期に熱中症にかかる方は沢山おられるのでこまめに水分を取るように注意してください。

また、激しいスポーツをされる方などは塩分も取るように注意してください!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA