立位姿勢での理想的なアライメント!

皆様こんにちは^^今日は芦屋の駅前を歩いていると背中が猫背気味になって歩いている方を見かけたので立位姿勢での理想的なアライメントについて紹介していきますね(^O^)/

<理想的なアライメントとは?>

頭部・体幹・骨盤・四肢の配列(体節の配列)のことをアライメントといいます。

安静立位姿勢における理想的なアライメントは、前額面(身体の前面、あるいは背面)・矢状面(身体の前面)・水平面から見て、それぞれ頭部・体幹・骨盤・四肢きれいに整列している状態です。

(身体にある3つの基本面)

<前額面から見た理想的なアライメント>

前額面、矢状面それぞれから見た理想的なアライメントはどういった状態なのか紹介します。

前額面の理想的アライメントは、背面から見て、外後頭隆起椎骨棘突起殿裂両膝関節内側間の中心両内果間の中心を通ります。

<矢状面の前後方向のアライメント>

矢状面の理想的アライメントは、耳垂肩峰大転子膝関節前部(膝蓋骨後面)外果(外くるぶし)の2~3cm前部を通ります。

頸椎前弯は約30~35°胸椎後彎は約40°腰椎前弯は約45°仙骨底は第5腰椎に対して約40°前下方に傾斜しています。この理想的な姿勢がとれると、自発的な身体動揺はわずかで、直立姿勢を乱すように働く重力の影響を最小にして立つことができ、また、立位姿勢を保持するために必要な筋活動やエネルギー消費が最小になるという特徴があります。

また、これらのアライメントが崩れると、首や肩の痛み肩関節痛腰痛股関節痛膝関節痛など様々な症状を引き起こしやすくなるため、正しい姿勢のアライメントを知ることで良い姿勢を意識できるようになり様々の症状の痛みを防ぐことができます。

皆さまも正しい姿勢を心がけて頑張っていきましょう(^O^)/

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅近く、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA