理想的な座位姿勢と不良座位姿勢。

皆様こんにちは^^最近の芦屋は暖かい気候となり、お出かけやお散歩などが楽しい季節になりましたね(^O^)/今週もあと少し、頑張っていきましょう!(^^ゞさて、今回は座位姿勢について紹介していきますね!!

【理想的な椅子座位姿勢】

理想的で良い椅子座位姿勢は、頚部体幹垂直になり、股関節膝関節ほぼ直角に曲がり、足底が地面についている状態です。つまり、前後左右の筋肉のバランスがとれた状態で、部分的に筋膜や筋が延長したり、短縮していない状態です。

頭は身体の真上に乗っていて頭のてっぺんを糸でほんの軽く引っ張られているイメージで、顎を軽く引き猫背がなく腰が反ったり丸まったりしていない姿勢が、理想的できれいな姿勢といえます。椅子の高さ、また作業する際の机の高さは下の計算式を参考にしてください。

≪椅子の高さ≫

=身長×0.25-(0~2)cm

≪作業する際の机の高さ≫

=身長×0.25-(0~2)+身長×0.183-(0~2)cm

(理想的な椅子座位姿勢)

座位姿勢の評価(横から見て)

  • 頭や顎が前に突き出ていないか。
  • 猫背(円背)で背中が丸まっていないか。
  • 腰が反ったり丸まったりしていないか。

【腰部屈曲の不良姿勢】

座位姿勢を直立に保持するには、脊柱起立筋群だけでなく、重心線が支持基底の辺縁に近いため腹筋群の緊張も必要となります。また、座位姿勢をしばらく続けるためには、下肢の筋群の活動も必要となります。

そこで、ヒトは楽な姿勢を求めることになります。つまり、抗重力筋をあまり使わず、しかも重心線を支持基底の中央に近づけるために、胸椎後弯の猫背になり、頭部前方位姿勢顎が前に出ます

(猫背姿勢)

背もたれに深くもたれかかりお尻を前にずらした仙骨座りなどの不良姿勢をとる人もいます。

(仙骨座り姿勢)

頚椎後面と胸部前面の筋群は硬いかあるいは短縮し、頚椎前面と胸椎後面の筋群は延長位になり、筋力低下を生じます。このような状態では肩や首がこり、首が短くなって見えたり、腕も動かしにくくなって二の腕がたるんだり、胸が垂れたり、顔の表情筋が働きにくくなって顔がたるんだり、たれ尻になったりと悪いことばかり起こってしまいます。

また、立位姿勢と比較すると、座位姿勢は椎間関節にかかる圧力が減少する一方で、椎間板にかかる圧力は増加します

自律神経の働きからは、脊柱上部のほうが丸まっていると喘息狭心症に、脊柱中央あたりが丸まっていると胃下垂胃酸過多(胸焼け)十二指腸潰瘍に、腰部が前に丸まっていると膀胱炎便秘になりやすいこともあるので注意が必要です。

次回はその他に見られる不良姿勢を紹介していきます(*^。^*)!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA