崩れた骨格バランスを整えれば肩こりも腰痛もなくなる!!

皆様こんにちは^^4月も残り3日となり、明日からゴールデンウィークの方もおられると思います(^O^)/芦屋のくろき鍼灸整骨院は明日29日は13時まで営業しており、5月は3日4日5日が休みになります!身体のメンテナンスや不調を感じられる方はお電話お待ちしております!(^^ゞさて、今回は骨格バランスを整えれば肩こりも腰痛もなくなるということを紹介していきますね!!

ほとんどの痛み不調骨格のバランスが崩れることによって発症します。ではなぜ骨格のバランスが崩れてしまうのでしょうか。その原因はすべて“自分自身”にあります。だからこそ自分の自然治癒力で症状を改善し、再発を予防することが可能になります。

ストレッチ筋トレを駆使しながら、痛みやコリを和らげ、また整体の治療で崩れた骨格のバランスを整えることで正常な状態へと戻していきます。

正しい方法でストレッチ筋トレなど継続的に行えば、首痛肩こり腰痛といった症状も改善できます。

骨格バランスを整えるには、まずバランスが崩れる原因を知ることが大切です。

骨格バランスが崩れる主な原因は「姿勢の乱れ」が一番の原因になります。

2足歩行で生活する人間の骨格は、重力を分散させて受け止め、一部の関節へ負荷が集中しないように絶妙なバランスをとっています。この“正しい姿勢”が崩れると、一部の関節に大きな負担がかかり痛み不調へとつながります。

例えば、頭部が前方へ倒れるだけで、頭部を支える首の筋肉には大きな負荷がかかり、緊張状態へと陥るのです。

人体でバランスを崩しやすいのが、脊柱(椎間関節)骨盤肩甲骨といった部位です。

骨格は各関節が連動して動くため、骨盤が後傾することで猫背になったり、頭部が前方に倒れたりして、一部のバランスが崩れると連鎖的に崩れていく性質があります。だからこそ、姿勢が乱れた根本原因を見極めることが重要です。

【骨盤の後傾による姿勢の乱れ】

また、日常生活の小さな姿勢の乱れが積み重なって骨格がゆがんでしまいます。

同じ姿勢を長時間続けることで、筋肉は緊張状態へと陥りやすくなります。小さな姿勢の乱れでも、それが生活習慣となって長い時間積み重なることで、筋肉が硬直して血流が悪くなり、痛み不調の発症へとつながるのです。

痛みや不調を改善するためには、まず生活習慣における姿勢の乱れを修正し、患部への負担を取り除くことが不可欠になります。それが再発の予防にもつながります。

骨格のバランスが崩れる身体的な原因に、身体を動かさなくなる事による筋肉の衰えがあります。筋肉が衰えるとそれにともなって行動意欲が減退して運動量が低下するため、さらに筋力は弱くなります。

筋力が低下すると、正しい姿勢を維持することが難しくなるため、骨格のバランスが崩れていきます。

しかし、筋肉は年齢に関係なく強化できるので、筋トレストレッチを行うことで、筋肉の衰えを抑えることができます。

また、年齢を重ねていくと脊柱の椎骨椎間板劣化により、椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板は、年齢とともに水分が減りクッション性も低下していきます。

その結果発症するのが頚椎および腰椎のヘルニア(椎間板ヘルニア)です。

さらに、硬くなった椎間板は衝撃を吸収できずにだんだん潰れて薄くなり上下の椎骨がぶつかる状態となります。

その結果、椎骨に骨棘が形成され、変形性頚椎症変形性腰椎症の発症へとつながります。

椎間板は、変形すると修復が難しい半面、正しい身体のバランスで生活をしていれば、劣化を最小限に食い止めることができます。

【腰椎の劣化】

(椎骨の変形)加齢で椎間板が潰れて薄くなると、上下の椎骨がぶつかるようになっていびつな骨棘が形成され、脊柱の動きを妨げるようになります。

(椎間板の損傷)椎間板は脊柱の椎骨と椎骨の間にある線維軟骨組織です。脊柱にかかる衝撃を緩和するクッションの役割を果たすが、加齢とともに水分が失われると硬くなり、潰れて薄くなります。

以上が骨格のバランスが崩れる原因になり、これら身体のバランスが崩れた日常生活の原因を取り除くことで痛み・不調の改善になります。

また、骨格バランスを整える整体の治療や、筋トレ、ストレッチを行うと肩こりや腰痛も改善されていきます!

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA