膝の前部が痛む!!

皆さまこんにちは^^昨日は芦屋マラソンがあり天候にも恵まれ、全力で走りきる事が出来ました!!昨日ゆっくり時間をかけてストレッチをしたので下半身の筋肉痛は軽く出ている程度で済んでいてよかったです(^.^)/~~~これから暖かくなってきて外でランニングやウォーキングをされる方が多くなってくると思います!そこで今回は膝の痛みについて紹介していこうと思います!!

運動部の学生やスポーツ愛好者が発症する膝痛で多いのが、膝蓋骨(膝の皿)の奥や周囲に痛みが出るものです。

主な原因は膝関節の前部に過度な圧力がかかりすぎる事によって発症します。

足を着地させたとき、膝蓋骨周囲に過度な負荷がかかることが主な原因になり、特に膝がつま先より前に出ると、膝蓋骨の周囲に強い負荷がかかります。

スポーツをしている人は、強度な着地を繰り返すため、発症リスクは高くなります。

<腰を下ろす動きで膝への負担をチェック>

イスに座る動きで膝への負担度をチェックし、膝が前に出る人は、日常生活において膝に負担をかけている可能性が大きくなります。

<膝が前に出る>

膝が前に出ると膝蓋骨につながる太もも前面の筋肉の働きが強くなり、膝への負担が増します。

<膝が前に出ない>

お尻を引くとお尻や太もも裏の筋肉の働きが増し、膝への負担が減ります。

イスに座るとき膝が前に出やすい方は、膝に負担がかかりやすいので、お尻を引くように座り負担を減らすように心がけてみてください。

続いては、膝の痛みが発症する仕組みです

スポーツなどで着地の衝撃に耐える動きを繰り返すと、膝を伸ばす動きに働く大腿四頭筋の腱や膝蓋靭帯が炎症を起こします

逆に運動不足に起因するケースもあり、大腿四頭筋の柔軟性が低かったり膝蓋靭帯が硬くなったりすると、膝蓋骨の動きが悪くなり、膝蓋骨が大腿骨に押し付けられて炎症を起こします。(膝蓋骨の炎症)

これらの対策としては、大腿四頭筋のストレッチや、膝蓋骨(膝の皿)をしっかり動かしていく事が重要になります。

自分ではストレッチなどがなかなかできない方や、膝の痛みでお困りの方は、是非一度、JR芦屋駅すぐの、くろき鍼灸整骨院にお越し下さい^^

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA