O脚について!!

皆様こんにちは^^最近は日が暮れるのも遅くなり、今日芦屋の天気は外で体を動かしたくなるようなとても心地良い天気です(^O^)/皆さんも時間があれば、ウォーキングやランニングなどしてしっかりと体を動かしてみて下さい(*^。^*)♪今回はO脚について紹介していこうと思います!!

女性に多いO脚は、痛みや不調を感じなくても、足の外側に体重がかかる状態となるため、膝痛骨盤のゆがみにつながる危険があります。脚線美も崩れるので早めの改善が大切です

O脚になる主な原因には、足の外側に体重がかかってしまう事が原因と考えられます。

脚を閉じる動きに働く股関節内転筋群中殿筋筋力不足と、足の外側に体重がかかる歩行などが主な原因になります。また、猫背姿勢などによる骨盤の後傾や、足指を使わない歩行も体重が外側にかかる原因となりO脚へとなってしまいます。

O脚になるしくみを画像を使って説明していきます。

股関節内転筋群が弱くなり、太ももが外方向に開く

(股関節内転筋群の筋力不足や衰えによって、太ももが外向きに開きやすい状態になります。)

運動不足や履物の影響で足指を使わない歩行に

(ハイヒールの常用で足指が反りやすくなると、足先を使わず足の外側に体重をかける歩行になります。)

膝関節の内側に圧力が集中し、膝が外側へ張り出してO脚に

(O脚は、股関節が外旋して脚が外向きに開いた状態と、足の外側に体重がかかる状態が合わさり、膝が外側に張り出して(内反して)形成されているケースが多いです。膝が内反すると膝関節の内側に圧力が集まり、半月板や関節軟骨がすり減るリスクは高くなります。)

O脚になるしくみをまとめると、股関節内転筋群中殿筋筋力不足、足指を使わない歩行動作で、股関節膝関節足関節(足首)が外方向に張り出す負荷を受けてO脚となります。

男性より女性にO脚が多い理由は、内転筋群の筋力が弱い事も関係しています。

O脚にならないためにも内転筋群筋肉強化や、なるべくヒールは避けることや、足の外側に体重がのらないように注意をするといったことが必要になっていくので、是非気になる方は参考にしてみて下さい\(^o^)/

 

お電話お待ちしております!

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

TEL0797-69-6663


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA