前屈しづらい腰痛に対するエクササイズ!

皆さまこんばんは!お昼間に見上げた空がとても澄み渡っていて、とってもさわやかな気持ちにさせてくれます。明日から3月が始まります。心身ともに晴れやかな日々を送れるようにしていきましょうね(*^_^*)

今回は腰痛の方や身体が硬くてストレッチ不足の方におすすめの動画です!是非一緒にやってみてくださいね!(^^)!

腰痛は大きく分けると2つのタイプに分類することができます。それは「骨盤が後傾」していることに起因する腰痛。もう一つは「骨盤が前傾」していることに起因する腰痛です。今回は前者の後傾タイプの腰痛に関する話をしていきたいと思います。

骨盤が後傾すると、腰を前方に曲げる前屈の動きがつらくなります。このタイプの腰痛は、椎間板に過度な圧力がかかり、椎間板付近を傷めてしまったり、腰椎ヘルニアに進行する可能性があります。

では、なぜ骨盤が後傾してしまうのでしょうか?特に多いのは猫背姿勢のように背中を丸めた姿勢です。例えば、イスの背もたれ寄りかかって座ってお尻が前に滑るような座り方をしていると、骨盤が後傾し背中が丸くなった姿勢になります。この状態だと腰が過度に伸ばされた状態になってしまいます。そうなると腰椎の動きに関わる筋肉や筋膜が緊張するため、腰部の血流が悪くなり硬くなります。さらに骨盤の下のほうから下腿に走る太ももの裏の筋肉が硬くなると、骨盤を引っ張り、骨盤が前傾するのを防ぎます。

骨盤の後傾姿勢が続くと、腰痛を招くだけでなく、下っ腹が出るような姿勢になるので、いわゆるぽっこりお腹のような状態になります。

今回の動画では後傾した骨盤を改善していくためのエクササイズをお伝えします。骨盤の動きや姿勢が良くなると、結果として腰痛がマシになったり、プロポーションが良くなり座り姿勢が楽になっていきます!

以前あげた腰痛体操と併せて実施していくと更に良いでしょう!この他にもたくさんのストレッチや体操、トレーニングがあります。色んな動きをいれることで、全身が連動して動きやすくなるので、皆様もぜひやってみてください!!

お電話お待ちしております!

TEL 0797-69-6663

JR芦屋駅すぐの、くろき鍼灸整骨院


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA