第二の骨格である筋膜も姿勢を保つうえで欠かせない存在!!

皆様こんにちは^^一週間お疲れ様でした!今週はどんな一週間でしたか?芦屋の日差しは朝からもう春の到来を告げているかのように暖かで明るい天からの贈り物のように降り注いでくれます。心が安らぎますね。本日は最近話題の『筋膜リリース』の筋膜についてお話しますね!(^O^)

今回は筋膜について紹介していこうと思います!姿勢を支えてくれているのは、骨と筋肉だけではありません。骨と筋肉以外に、姿勢を保つうえで欠かせない役割を果たしているのが筋膜です!筋膜という言葉のイメージから、魚肉ソーセージを覆っているフィルムのように、筋肉を包んでいる膜だと誤解されることも多いですが、筋膜が包むのは筋肉だけでありません。それ以外にも、骨や臓器をすべて覆っており、筋膜同士は連なっていて一つの大きなネットワークを作っています。骨と筋肉がバラバラにならず、内臓があるべきポジションを定めて、人体が一つの固まりとして形を保っていられるのは、この筋膜のネットワークのおかげなのです。このことから筋膜は、骨と筋肉に次ぐ第二の骨格とも呼ばれています。とくに静かにまっすぐ立っているときには、筋膜の張力(テンション)が姿勢の維持で主要な役割を担っているのです。筋膜にねじれがあったり、筋肉や皮膚と癒着したりすると、アライメントが崩れて姿勢が乱れます。姿勢を正しく整えるには、骨や筋肉だけではなく、筋膜を正しく整えることも大切になってきます。運動、スポーツの後やずっと同じ姿勢でいた時などは、特に筋膜が固くなりそこからねじれがおきやすいので、身体を使ったあとのケアをしていかないと身体はどんどん元の状態からねじれてしまい腰痛肩こりなどといったいろいろな症状が引き起こります。そうならないためにも自宅でのストレッチや、整体の治療をしていくことをお勧めします!!

お電話お待ちしております!

℡0797-69-6663

JR芦屋駅すぐ、くろき鍼灸整骨院

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA